秋月の小型キャラクタLCD

公開日: 電子工作 | , ,

秋月電子 キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、ちょっと比較してみる。
買ったのは8文字x2行と16文字x2行の物。 

I2C接続小型LCDモジュールピッチ変換キット – 秋月電子
I2C接続小型キャラクタLCDモジュール(3.3V/5V)ピッチ変換キット – 秋月電子

 

値段

  LCD単体 ピッチ変換基板 セット
8x2(AQM0802) 320円 400円 600円
16x2(AQM1602) 450円 550円

LCD単体価格と基板付きの価格で逆転現象が起きてます。
8x2のピッチ変換基板の高さが目立つ。

 

LCDサイズ

秋月電子 キャラクタLCD

16x2の方は単純に8x2の倍の大きさなのかなと思ったらそうでは無かった。
16x2の方はだいぶと大きいです。

  画面 全体 文字
AQM0802 27 × 10.5 30 × 19.5 2.45 x 4.35
AQM1602 54.7 × 10.8 66 × 27.7 2.95 x 5.15

 

厚さ

秋月電子 キャラクタLCD

LCDの厚さは見た目にはほぼ変らないが、データシートによると僅かに違うようです。
また、個体差があるのかデータシートには最大値が記されているだけ。

  厚さ(実測) 厚さ(最大)
AQM0802 1.7mm 最大1.8mm
AQM1602 1.9mm 最大2.0mm

 

 

ピッチ変換基板

秋月電子 キャラクタLCD

2つ共通のものでは無く、別々の基板です。
LCDのピンの並びも微妙に違っているようで、共通で利用するのは無理っぽい。
ピンのピッチも違っていて、16x2の方はハーフピッチ(1.27mm)で8x2の方は1.5mm。

どちらの基板もI2Cのプルアップ用抵抗が実装されていて、半田ジャンパーによって有効・無効を選べる。

そして、基板から変換されるピンですが、16x2の方はVDDSCLSCAGNDの4ピンだけなのに対して、8x2の方は4つのピンに加えてRESETピンも用意されています。

秋月電子 キャラクタLCD秋月電子 キャラクタLCD
秋月電子 キャラクタLCD秋月電子 キャラクタLCD

取り付けると、8x2の方は液晶の左側からピンが出ているのに対して、16x2の方は液晶の上部から出ています。

 

仕様

2つとも同じコントローラ(ST7032i)が搭載されているけれど、モジュールの仕様は説明書やデータシートの記載場所によって若干の違いがあったりします。

一応ST7032のデータシートを見てみると

電源電圧:2.7~5.5V
インターフェース:I2C
I2Cアドレス:0x3E
I2Cスピード: 最大400kHz
使用可能温度:-30~+85℃

 

I2Cアドレス

ST7032iのI2Cアドレスは0b0111110(0x3E)で固定されているようです。

※8x2の方ですが、秋月電子の説明書には0x7Cと書かれているけれど、これは間違いのようで実際は0x3Eでした。

 

ユーザ定義文字(CGRAM)

キャラクターを独自に定義出来る文字数が、8x2と16x2で違っています。

  アドレス 文字数
AQM0802 0×00~0×05 6文字
AQM1602 0×00~0×07 8文字

 

 

実際の表示

秋月の16x2の方の説明書にArduinoとの接続のしかたが掲載されている。
ピンの接続のほか、Arduino用のプログラムも掲載されているので、とりあえず説明書通りに試してみました。
(I2Cのプルアップは、変換基板の物を使わず外部で10kΩの抵抗を使いました。)

ですが、説明書通りのプログラムをそのまま5V動作のArduinoで実行するとコントラストが濃くて全てのドットが真っ黒になってしまいました。

秋月電子 キャラクタLCD

これは、内部の昇圧回路がONになっている為で、昇圧をOFFにしてやる必要があるようです。

#include <Wire.h><br />
#define LCD_ADRS  0x3E<br />
<br />
char moji[]="AQM1602XA-RN-GBW";<br />
<br />
void setup()<br />
{<br />
  Wire.begin();<br />
  init_LCD();<br />
}<br />
<br />
void loop()<br />
{<br />
  for(int i=0;i<16;i++)<br />
  {<br />
    writeData(moji[i]);<br />
  }<br />
  writeCommand(0x40+0x80);<br />
  for(int i=0;i<16;i++)<br />
  {<br />
    writeData(i+0xB1);<br />
  }<br />
  while(1){}<br />
}<br />
<br />
void writeData(byte t_data)<br />
{<br />
  Wire.beginTransmission(LCD_ADRS);<br />
  Wire.write(0x40);<br />
  Wire.write(t_data);<br />
  Wire.endTransmission();<br />
  delay(1);<br />
}<br />
<br />
void writeCommand(byte t_command)<br />
{<br />
  Wire.beginTransmission(LCD_ADRS);<br />
  Wire.write(0x00);<br />
  Wire.write(t_command);<br />
  Wire.endTransmission();<br />
  delay(10);<br />
}<br />
<br />
void init_LCD()<br />
{<br />
  delay(100);<br />
  writeCommand(0x38);<br />
  delay(20);<br />
  writeCommand(0x39);<br />
  delay(20);<br />
  writeCommand(0x14); <br />
  delay(20);<br />
  writeCommand(0x73);<br />
  delay(20);<br />
  writeCommand(0x52);  // 5V動作用<br />
  //writeCommand(0x56);  // 3V動作用<br />
  delay(20);<br />
  writeCommand(0x6C);<br />
  delay(20);<br />
  writeCommand(0x38);<br />
  delay(20);<br />
  writeCommand(0x01);<br />
  delay(20);<br />
  writeCommand(0x0C);<br />
  delay(20);<br />
}<br />

内部の昇圧回路をOFFにする為に55行・56行で数値を変えています。

 

秋月電子 キャラクタLCD

無事に表示が確認できました。

実際に表示してみると、文字の大きさの違いは小さい。
そして16x2の方は余白部分が大きいことが分かる。

 

関連記事

no image

ボツネタ~CAN的な何か

少し前に必死になって作ってたデバイス+アプリですが、気持ちが萎えてしまい、結果ボツと

記事を読む

raspi-colortest

Raspbianの起動

Raspbianの起動画面をキャプチャしてみた。 SDカードにイメージを書き込んだままのデフォ

記事を読む

no image

米粒AVRでシリアル通信(ただし送信だけ)

米粒AVR(ATtiny10)にUART機能は搭載されていないので、シリアル通信を行う為には自前

記事を読む

no image

USBホストケーブルとUSBケーブルの違い

USBホストケーブル(OTGケーブル)と普通のUSBケーブルの違いは、USBホストケーブルとして振る

記事を読む

no image

SoundIRModemライブラリのサンプル

 SoundIRModemライブラリは、米粒AVR(Tiny10)とAndroid端末をイ

記事を読む

no image

米粒AVRでLチカ

  米粒AVR(ATtiny10)でLチカしてみました。 LチカとはLEDをチカチカと

記事を読む

米粒AVR リモコン

米粒AVRでリモコン送信機

米粒AVR(tiny10)を使った赤外線リモコン送信機を作ってみました。 これで送信できるのは

記事を読む

no image

Bimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for Arduinoの最後で予告していた、Wimeji c

記事を読む

Arduino + STTS751

パソコンで温度計

ありきたりのPC温度計ですが、なんとなく作りたくなったので作ってみる。 コントローラーは手軽な

記事を読む

no image

Atmel Studio 6

米粒AVR(ATtiny10)の開発を行う為に、Atmel Studio 6.0をインストールし

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑