Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)

公開日: 電子工作 |

ssh_connected
SSHを使って、Raspberry Piを外部PC(Windows)で操作する。

 

RaspberryPiの準備

sshを有効化

RaspberryPiの方は、raspi-configでsshを有効化する。

まずraspi-configを起動。

$ sudo raspi-config

rc_ssh1
8 Advanced Options を選択

 

rc_ssh2
A4 SSH を選択

 

rc_ssh3
Enable で有効化

 

rc_ssh4
これで、SSHが有効になりました。

 

 

Windowsの準備

Windowsでは、SSHクライアントとしてTeraTermを使います。

TeraTermのダウンロード&インストール

TeraTermのダウンロード&インストールは、TeraTerm Projectページが詳しい。
現時点での最新バージョンは4.80

ダウンロード – Tera Term (テラターム) – SourceForge.JP

Tera Term のインストール方法 – Tera Term (テラターム) – SourceForge.JP

TeraTerm Home Page

 

tt_inst1
ちなみに、インストール時のコンポーネント選択では、標準インストールを指定した。  

 

 

実際にアクセスしてみる

RaspberryPiのIPアドレスの確認

今回はIPアドレスを指定して接続するので、事前にifconfigコマンドを使ってRaspberry PiのIPアドレスを確認しておきます。

ifconfig
有線LANで接続している時はeth0inetアドレスと言う部分のアドレスを確認、無線LANの場合はwlan0inetアドレスを確認。

 

TeraTermで接続

tt_connect
TeraTermを起動すると、「新しい接続」が表示されるので

  • ホストに先ほど確認したRaspberryPiのIPアドレスを入力
  • TCPポートが22
  • サービスはSSH2

以上の設定で、[OK]

 

tt_connect2
続いて、「セキュリティ警告」が出ますが、ここは[続行]で

 

tt_connect3
次に、「SSH認証」
RaspberryPiのユーザー名・パスフレーズを入力(デフォルトでは、ユーザー名「pi」パスワード「raspberry」)
入力して、[OK]でいよいよ接続。

 

tt_connect4
これで接続完了。
後は、Raspberry Pi上のコマンドラインと同様に操作することができます。

 

tt_conect5
試しに、raspi-configを実行してみたら、普通に動きました。

 

関連記事

Androidで気圧高度計

androidで気圧・高度計(LPS331AP使用)

Androidと大気圧センサー(LPS331AP)をイヤフォンジャックで繋いで気圧と高度、ついで

記事を読む

no image

気になる物

HT-03Aで使えるのかどうかは知らないけど、Bluetooth-シリアルモジュール(BT-MOD1

記事を読む

X-Window

Raspberry Piのスクリーンショット

  ブログで使う用に、Raspberry Piのスクリーンショットを撮りたいと思った時、

記事を読む

no image

AVRISPmk2

米粒AVR(ATtiny10)のプログラム書き込み用にAVRISPmk2を購入しました。 先人

記事を読む

no image

S2 Resistor Color Code 公開しました。

このアプリは、抵抗のカラーコードから抵抗値を素早く見る為のAndroidアプリです。 4本帯と、5

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)

先日、MicrochipからPIC向けのAndroid Open Accessoryのライブラリが公

記事を読む

no image

PICでMicroBridgeをやってみた

今回は、@yishiiさんが公開されている、PIC24FJ64GB002用のMicroBridgeソ

記事を読む

no image

Androidとオーブントースターを繋いでみた

Android端末とオーブントースターを、Arduino+USBホストシールドで作ったADKっぽい奴

記事を読む

米粒AVRからAndroidへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと

米粒AVRとAndroidを繋いで、データのやりとりを行ってみたいと思います。 2つを繋ぐイン

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを取り付けて温湿度データロガーを

記事を読む

Comment (2件)

  1. お世話になります。
    記事のように設定しましたが、tera termにIPアドレスを
    入力。「ホストが見つかりません」と出ます。
    Raspberry piでifconfigにてみると、アドレスは192.168.0.2とでます。
    なにが原因でしょうか。
    アドバイスをおねがいします。
    windows PCは無線LAN、win7(64bit)ノート

    1. Futaba

      コメントありがとうございます。
      正直なところ、これだけの情報では私には原因はわかりません・・・
      ちなみにPCからraspiにpingは届きますか?

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑