Raspbianの最初の設定

公開日: 電子工作 |

 raspi-config

Raspbianのインストール後にraspi-configを使って行う最初の設定
raspi-configを閉じてしまった場合は、

$ sudo raspi-config

で、起動する。

 

言語・ロケールの指定

日本語の指定方法

raspi-config 4.Internationalisation Options
raspi-configで4.Internationalisation Optionsを選択

 

I1 Change Locale
I1 Change Localeを選択
(次の画面に遷移するのに少し時間がかかる)

 

raspi-config Locales to be generated
次の画面では、使用するロケールと文字セットにチェックを入れる。
チェックの入れ外しは、スペースキーで行う。

raspi-config en_GB.UTF-8 ja_JP.EUC-JP
en_GB.UTF-8 UTF-8のチェックを外す。
ja_JP.EUC-JP EUC-JPja_JP.UTF-8 UTF-8にチェックを入れる。

チェックを入れたら、Enterキーで次画面へ

 

 raspi-config default locale
次にRaspbianのデフォルトで利用するロケールを選択。
この指定は再起動後に有効になる。

 

raspbian xwindows menu(en)
設定前
raspbian xwindows menu(jp)
設定後

このように、X-Windowやraspi-configも日本語化される。

 

だが一つ問題が・・・

 

raspi-config 文字化け
コンソールからraspi-configを起動すると文字化けが起きるようになった。
ただし、X-Windowのターミナルからraspi-configを起動すると文字化けしない。(謎)

 

タイムゾーンの指定

日本時間の指定方法

raspi-config 4.Internationalisation Options
raspi-configで 4.Internationalisation Optionsを選択

 

raspi-config l2 Change timezone
l2 Change timezoneを選択(次の画面に遷移するのに少し時間がかかる)

 

snapshot15-1 snapshot16-1
アジア(Asia) → 東京(Tokyo)を選択

 

キーボードの指定

一般的な日本語109キーボードを使う時の指定方法。
これを指定しておかないと一部の文字が打てません。

raspi-config 4.Internationalisation Options
raspi-configで 4.Internationalisation Optionsを選択

 

raspi-config l3 Change keyboard Layout
l3 Change keyboard Layoutを選択(次の画面に遷移するのに少し時間がかかる)

 

raspi-config keyboard model
モデルは標準 105キー(国際)PC (Generic 105-key(Intl) PC)

 

raspi-config keyboard layout
レイアウトは日本語 – 日本語(OADG 109A)(Japanese – Japanese(OADG 109A))
英語から変更する場合は、一旦その他を選んだ後、日本語を選ぶ。

 

raspi-config altgrの設定
AltGrキーの指定。
日本語環境ではあまり聞きなれないAltGrキーですが、外国の通貨文字やアクセント文字の入力に利用するらしい。

 

raspi-config Composeキーの設定
Composeキーの指定。
AltGrキーと同様に聞きなれないコンポーズキーは、キーボード上に無い文字を生成するために利用するらしい。

 

snapshot22-1Control+Alt+Backspaceの利用有無の指定

これらキーボードの指定は再起動後に有効になる。

 

SDカードのパーティションの拡張

RaspbianのOSイメージをSDカードに書き込んだそのままだと、パーティションが3G程になっているので、4G以上のSDカードの容量をフルに使えていない。
パーティションを拡張すれば、メモリ容量をフルに使えるようになる。

raspi-config
raspi-configで 1.Expand Filesystemを選択

選択すると、即実行される。

snapshot28-1
確認画面 了解(Ok)
既に拡張済みなので、ここではキャンセルは出来ない。

 

パーティションの拡張は、再起動後に有効となる。

snapshot26
実行前 合計 2.9GB
snapshot30
実行後 合計 7.7GB

空き容量が371.1Mしか無かったのが、いっきに5Gの空きが出来た!

 

関連記事

sdcards

Raspberry Pi SDカードのクラスと起動速度

SDカードにOSをインストールするので、起動にはそれなりに時間がかかります。 では、どれくらい

記事を読む

no image

S2 Resistor Color Code 公開しました。

このアプリは、抵抗のカラーコードから抵抗値を素早く見る為のAndroidアプリです。 4本帯と、5

記事を読む

raspi-colortest

Raspbianの起動

Raspbianの起動画面をキャプチャしてみた。 SDカードにイメージを書き込んだままのデフォ

記事を読む

no image

Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その3)

「Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その1)」では、Android上のア

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

no image

気になる物

HT-03Aで使えるのかどうかは知らないけど、Bluetooth-シリアルモジュール(BT-MOD1

記事を読む

Raspberry Pi

Raspberry Piを買った

先日、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を買いました。 Raspberry Piは噂で

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン3 その1(AndroidAccessory接続)

何度か、Android+リモコンのネタを書いたことがあるのですが、今回はAndroid Access

記事を読む

thermometer

パソコンで温度計 #2

今回は温度表示とログ取りアプリを作ったので公開。 前回にArduino+STTS751で作った

記事を読む

no image

Bimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for Arduinoの最後で予告していた、Wimeji c

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑