Raspbianの最初の設定

公開日: 電子工作 |

 raspi-config

Raspbianのインストール後にraspi-configを使って行う最初の設定
raspi-configを閉じてしまった場合は、

$ sudo raspi-config

で、起動する。

 

言語・ロケールの指定

日本語の指定方法

raspi-config 4.Internationalisation Options
raspi-configで4.Internationalisation Optionsを選択

 

I1 Change Locale
I1 Change Localeを選択
(次の画面に遷移するのに少し時間がかかる)

 

raspi-config Locales to be generated
次の画面では、使用するロケールと文字セットにチェックを入れる。
チェックの入れ外しは、スペースキーで行う。

raspi-config en_GB.UTF-8 ja_JP.EUC-JP
en_GB.UTF-8 UTF-8のチェックを外す。
ja_JP.EUC-JP EUC-JPja_JP.UTF-8 UTF-8にチェックを入れる。

チェックを入れたら、Enterキーで次画面へ

 

 raspi-config default locale
次にRaspbianのデフォルトで利用するロケールを選択。
この指定は再起動後に有効になる。

 

raspbian xwindows menu(en)
設定前
raspbian xwindows menu(jp)
設定後

このように、X-Windowやraspi-configも日本語化される。

 

だが一つ問題が・・・

 

raspi-config 文字化け
コンソールからraspi-configを起動すると文字化けが起きるようになった。
ただし、X-Windowのターミナルからraspi-configを起動すると文字化けしない。(謎)

 

タイムゾーンの指定

日本時間の指定方法

raspi-config 4.Internationalisation Options
raspi-configで 4.Internationalisation Optionsを選択

 

raspi-config l2 Change timezone
l2 Change timezoneを選択(次の画面に遷移するのに少し時間がかかる)

 

snapshot15-1 snapshot16-1
アジア(Asia) → 東京(Tokyo)を選択

 

キーボードの指定

一般的な日本語109キーボードを使う時の指定方法。
これを指定しておかないと一部の文字が打てません。

raspi-config 4.Internationalisation Options
raspi-configで 4.Internationalisation Optionsを選択

 

raspi-config l3 Change keyboard Layout
l3 Change keyboard Layoutを選択(次の画面に遷移するのに少し時間がかかる)

 

raspi-config keyboard model
モデルは標準 105キー(国際)PC (Generic 105-key(Intl) PC)

 

raspi-config keyboard layout
レイアウトは日本語 – 日本語(OADG 109A)(Japanese – Japanese(OADG 109A))
英語から変更する場合は、一旦その他を選んだ後、日本語を選ぶ。

 

raspi-config altgrの設定
AltGrキーの指定。
日本語環境ではあまり聞きなれないAltGrキーですが、外国の通貨文字やアクセント文字の入力に利用するらしい。

 

raspi-config Composeキーの設定
Composeキーの指定。
AltGrキーと同様に聞きなれないコンポーズキーは、キーボード上に無い文字を生成するために利用するらしい。

 

snapshot22-1Control+Alt+Backspaceの利用有無の指定

これらキーボードの指定は再起動後に有効になる。

 

SDカードのパーティションの拡張

RaspbianのOSイメージをSDカードに書き込んだそのままだと、パーティションが3G程になっているので、4G以上のSDカードの容量をフルに使えていない。
パーティションを拡張すれば、メモリ容量をフルに使えるようになる。

raspi-config
raspi-configで 1.Expand Filesystemを選択

選択すると、即実行される。

snapshot28-1
確認画面 了解(Ok)
既に拡張済みなので、ここではキャンセルは出来ない。

 

パーティションの拡張は、再起動後に有効となる。

snapshot26
実行前 合計 2.9GB
snapshot30
実行後 合計 7.7GB

空き容量が371.1Mしか無かったのが、いっきに5Gの空きが出来た!

 

関連記事

no image

Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その2)

前回「Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その1)」では、Androidで

記事を読む

米粒AVRで温度計

米粒AVRで温度計(STTS751使用)

前回までに紹介したI2CライブラリとLCDライブラリを使って作る、温度計のサンプルです。 温度

記事を読む

ssh_connected

Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)

SSHを使って、Raspberry Piを外部PC(Windows)で操作する。

記事を読む

no image

米粒AVRの動作周波数

  米粒AVR(ATtiny10)のデフォルトでは内臓発振器利用の1MHzが指定されてい

記事を読む

no image

米粒AVRで小型8連ナイトライダーを作ってみた

米粒AVR(ATtiny10)を2つ使って、8つのLEDを順番に点灯しています。 &nbs

記事を読む

soundIR 送信機

赤外線リモコン送信機(イヤホンジャック接続)の回路

前回は受信機で、今回は送信機を作ってみました。 受信機と違って、送信機の作成は少し面倒です。

記事を読む

no image

気になる物

HT-03Aで使えるのかどうかは知らないけど、Bluetooth-シリアルモジュール(BT-MOD1

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

Raspberry Pi ロゴマーク

Raspberry Piのリビジョン

リビジョンの種類 現在、Rapsberry Piにはリビジョン1とリビジョン2と呼ばれる2つの

記事を読む

no image

米粒AVRでアナログ入力を試してみた

米粒AVR(ATtiny10)に搭載されている8ビット4チャンネルのアナログ入力を試してみました

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑