Raspberry Piのスクリーンショット

公開日: 電子工作 |

X-Window 

ブログで使う用に、Raspberry Piのスクリーンショットを撮りたいと思った時、google先生に聞くといくつかの方法が見つかったのですが、そのうちのどの方法がいいのかわからないので、とりあえず、先生の解答の上位3つ

  • ksnapshot
  • scrot
  • raspi2png

を試してみた時の備忘録

試してみた感想・・・

ksnapshot

X-Window上のスクリーンショットを撮るなら、このksnapshotがお勧め。
過去のブログ記事で使っているRaspberryPiのスクリーンショットは、このソフトを使って撮りました。

長所:GUI操作で簡単に使える
短所:サイズが大きい、インストールに時間がかかる。

scrot

apt-getでインストールが簡単で早いので、てっとり早く撮りたい人にお勧め

長所:軽量でインストールが早い
短所:コマンドで実行、X-Window上のスクリーンショットのみ

raspi2png

さまざまなシーンのスクショを撮りたいなら、raspi2pngがお勧め

長所:X-Windowだけでなくコマンドラインの画面が撮影できたり、(僕は未確認ですが)3Dアクセラレータを使った描画のスクリーンショットも撮影できるらしい
短所:コマンドで実行、apt-getが使えなくてインストールが面倒くさかった

 

ksnapshot
scrot
raspi2png

ksnapshot

インストール方法

apt-getでインストールする。

ksnapshot1
$ sudo apt-get install ksnapshot

途中、インストールのディスク容量確認があって、yでインストールされる。
僕の環境では、インストール終了まで10分以上かかった。

 

スクリーンショット取得方法

ksnapshot2
右下のメニューからksnapshotを起動する

ksnapshot3
起動画面
上部にプレビュー画面があり、
中央の[Take a New Snapshot]ボタンでスクリーンショットを取得
その後、下部の[Save As...]ボタンで保存すると言う流れ。

Capture Mode(キャプチャーモード)
  • Full Screen(全画面)
  • Window Under Cursor(マウスカーソルで指定のウィンドウ)
  • Rectanglar Region(四角い領域を指定する)
  • Freehand Region(フリーの領域を指定する)
  • Section of Window(ウィンドウ内のセクションを指定する)
Snapshot delay(スナップショットの遅延時間)

少し遅らせてスナップショットを取得したい場合に、その秒数を指定する。

Include window decorations

モードでWindow Under Cursorを選んでいるときに、Windowのデコレーション(多分タイトル部分と思う)を含めるかどうかを指定

Include mouse pointer

マウスポインターを含めるかどうかを指定

参考サイト)
Raspbianでスクリーンショットを撮る - ORBIT SPACE
The KSnapshot Handbook

 

 

scrot

インストール方法

apt-getでインストール。

scrot1
$ sudo apt-get install scrot

途中、インストールのディスク容量確認があって、yでインストールされる。
インストールは約1分程で終わる。(回線速度にもよるけど、比較的早い感じ)

 

スクリーンショット取得方法

GUIは無いので、コマンドとして実行するだけ

scrot2
$ scrot

もしくは

scrot3 scrot4
メニューから実行で指定する。

スクリーンショットのファイルはカレントフォルダー(実行した時のフォルダー)に

現在日時_サイズ_scrot.png

と言う名前で作成される。

例えば 2013-12-13-164102_1360x768_scrot.png

オプション

  • -h ヘルプ表示
  • -s マウスでウィンドウを指定
    例)scrot -s
  • -b ウィンドウの枠(タイトルとか?)も同時に取得(-sを指定した時に有効)
    例)scrot -s -b
  • -d 遅延秒数指定
    例) scrot -d 5
  • -c カウントダウン表示(-dを指定した時に有効)
    例)scrot  -d 5 -c

まだ他にもオプションがあるので、 その他のオプションはヘルプ表示を参照してください。

参考サイト)Raspberry Piでスクリーンショット – だれよりも強く生き抜きたい!

 

 

raspi2png

インストール方法

1.PNGライブラリのインストール

先ず、必要なPNGライブラリをインストールしておく。

raspi2png
$ sudo apt-get install libpng12-dev

 

2.raspi2pngのソースファイルを取得する

適当なフォルダーにwgetでソースファイルをダウンロードする。

raspi2png1
$ wget https://github.com/AndrewFromMelbourne/raspi2png/archive/master.zip

 

3.ダウンロードしたzipファイルを解凍する

unzipコマンドでzipファイルを解凍する

raspi2png2
$ unzip master.zip

 

4.ソースをmake

ソースファイルを解凍すると、raspi2png-masterフォルダに展開されるので、移動する
そこで、makeを実行してコンパイル

raspi2png3
$ cd raspi2png-master
$ make

これでraspi2pngの実行ファイルができあがりです。

 

5.実行ファイルをコピー

makeで出来上がった実行ファイルはそのままでも使えるのですが、PATHが通ってなくて使いにくいので、とりあえず、PATHの通ったフォルダーにコマンドをコピーしておきます。
(Linuxの作法とか知らないのですが、とりあえず/usr/local/binにコピーした・・けど良いのかな?)

raspi2png4
$ sudo cp raspi2png /usr/local/bin

raspi2png5
/usr/local/bin raspi2png ファイルが出来ているか確認して、
これで準備完了。

 

スクリーンショット取得方法

scrotと同様にGUIは無いので、コマンドとして実行するだけ

raspi2png6
$ raspi2png

もしくは

scrot3 raspi2png7
メニューから実行で指定する。

スクリーンショットのファイルはカレントフォルダー(実行した時のフォルダー)に

snapshot.png

と言う名前で作成される。名前の自動生成の機能は無くて、常に上書き。若干不便。

オプション

  • -h ヘルプ表示
  • -d 遅延秒数指定
    例) raspi2png -d 5

その他のオプションはヘルプ表示を参照してください。

参考サイト)
Raspberry Pi の Minecraft(Minecraft Pi)の画面のスクリーンショットを撮る方法  – 僕は発展途上技術者
https://github.com/AndrewFromMelbourne/raspi2png

 

関連記事

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する

またSoftModemネタです。 調子に乗って arms22さんの記事 iPhoneで一眼レフカメ

記事を読む

raspi-pin-header

そうだ、Raspberry Pi用にピンヘッダーのオス・メス変換アダプタを作ろう

  Raspberry PiのI/O端子は、ピンヘッダーとなっていて、電極が出っ張ってる

記事を読む

no image

PICでMicroBridgeをやってみた

今回は、@yishiiさんが公開されている、PIC24FJ64GB002用のMicroBridgeソ

記事を読む

raspi-colortest

Raspbianの起動

Raspbianの起動画面をキャプチャしてみた。 SDカードにイメージを書き込んだままのデフォ

記事を読む

no image

Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その1)

先日Google IOで発表された Android Open Accessory。みなさん知ってます

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その2)

 前回「PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)」では回路の説明までしたので、

記事を読む

Hello Tiny10

米粒AVRでI2C通信を使ってLCD表示

前の記事で紹介したI2Cライブラリを使った、LCDの表示のライブラリ的なもの  

記事を読む

no image

Wimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for WindowsXPをArduinoでやってみました。

記事を読む

no image

Atmel Studio 6

米粒AVR(ATtiny10)の開発を行う為に、Atmel Studio 6.0をインストールし

記事を読む

vlc_media_player

Raspberry Piのサウンドを試したら音が出なかった話

(これはX-WindowのVLCメディアプレイヤーのスクショ) Raspberry Piでは、

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑