USBホストケーブルとUSBケーブルの違い

公開日: 電子工作 | , ,

USBホストケーブル(OTGケーブル)と普通のUSBケーブルの違いは、USBホストケーブルとして振る舞う為の配線がされているかどうかと言うことらしい。

標準のUSBは4本線(VBus / D- / D+ / GND)に対し、
miniやmicroのコネクターは5本線(VBus / D- / D+ / ID / GND)となっている。

この追加されたID線が、GND線にショート(短絡)されているかオープン(無接続)かどうかで、USBホストケーブルかUSBケーブル(または、単純な変換アダプタ)かを判断しているようです。

XOOMに改造した変換アダプタを使ってUSBマウスを接続したところ
(XOOMに改造した変換アダプタを使ってUSBマウスを接続したところ)

AndroidにUSBデバイス

Android 3.1 からは、USBホスト機能がサポートされました。
USBホスト機能がサポートされることで、Android端末に色々なUSB機器が直接接続できるようになりました。
例えば、USBマウス、USBキーボード、USBゲームコントローラーといった入力デバイスから、USBメモリとかUSB-LANとか、はたまたiPhoneなんかも接続できちゃうらしい。

参考)Android3.1の Motorola XOOM Wi-Fi 10.1 (MZ604) にいろいろ繋げてみた

と、言うことで、僕もさっそくXOOMに色々と繋いでみよう・・・
と、思ったのですが、接続にはUSBホストケーブルが必要とか。USBホストケーブルなんて正直初耳。当然持っていません。
そして、当初、USBホストケーブルを変換アダプタで代用できると思っていたのですが、これは間違いでした。

※追記 Optimus Pad用のケーブルが使えるらしい! – Android の USB Host 初体験

※追記2 Amazonでも使えそうなのが売ってました USB2.0ホストケーブル Micro-USB(Aメス-MicroB)アダプタ(コメント欄にて、USBホストケーブルでは無いとの報告が有りました。Amazonのレビューでも「使える」「使えない」と両方のコメントが有るようで、購入の際には注意が必要です。)

 

間違い・その1

micro(B) → mini(B)のL型変換アダプタ

USBM5-MCL

と、mini(B) → USB(A)の変換アダプタ

GH-USBK5

の、2つのアダプタが、ずっと前に購入して手元に転がっていました。
こいつを繋ぎ合わると micro(B)からUSB(A) への変換アダプターになります。

USBM5-MCL + GH-USBK5
(USBM5-MCL + GH-USBK5)

最初は、これで普通に繋がるだろうと思っていたのですが・・・
動きませんでした><

 

間違い・その2

最初の変換アダプター2つ使った方法でダメだったので、しょうがなく日本橋に買い出しに行くことにしました。
最初に赴いた千石電商で、micro(B)からUSB(A)へ変換できるアダプタが売られていたので、これを購入してきました。
パッケージには一言もUSBホストとは書かれておらず、一抹の不安を感じながらも、他の店を回るのが面倒臭かったので、これだけ買って帰った訳で、

AF-MMB
(AF-MMB)

やっぱり、これでも動かないと言う結果・・・orz

 

変換アダプターをUSBホストケーブルに改造

まぁ、がっかりしていてもしょうがない。
せっかく買ったし、もったいないし。
で、 これらの変換アダプターを改造して、USBホストアダプター化することに挑戦しました。

ケーブルの自作は USBホストケーブル 自作 でググると、結構ヒットする。
みなさん作ってらっしゃるので、かなり参考になります。

 

改造・その1

僕の持っていたL型変換アダプタは、amazonのレビューで★☆☆☆☆を付けられるほど、簡単に分解できてしまいます。

USBM5-MCLを開いた写真

USBM5-MCLの中身1 USBM5-MCLの中身2

中を見てみると、やはり配線は4本だけで、IDピンはオープン(無接続)状態。
(しかし、お世辞にもキレイとは言えない半田付けだなぁ・・・)

このmicroB側のIDピンとGNDピンをショートするように半田付けして、ケースに戻して完成です。

XOOMにUSBマウスを接続1

USBマウスを接続すると、正しく認識されました。

ちなみに、変換くるくるアダプタの方もテスターでチェックしてみた結果、やはりID線は接続されておらず、USBホストアダプタとしては使えないようでした。

 

改造・その2

次に、千石電商で買った変換アダプタもついでに改造してみました。

これはL型アダプタと違って、外側は柔らかいシリコンっぽいビニールで覆われています。
引っ張ってみたものの、簡単には抜けないようなので、思い切って切り裂いてみました。

中からは硬質な樹脂で固めた物が出てきました・・・先のL型アダプタと同じ赤い配線が見え隠れしてるので、これも作ってる所は同じなのかな・・・

AF-MMBの中身

これは、ちょっとやっかい・・・と思いつつ、とりあえずID/GNDが有る方を中心に、カッターで削ってみた。

AF-MMBを削った1 AF-MMBを削った2

(しかし、削りすぎで、コネクタがちょっとグラグラしちゃってますw)

ここまで露出させたところで、先のL型アダプターで使われているコネクタとは違うようなので、ググってみたところ microUSB変換コネクタ で、紹介されてるコネクタと同じっぽいことが分かった。
テスターでピンアサインを調べても、ほぼ同じっぽい。

あと、他のサイトでも、このコネクタと同じっぽい奴を改造して充電ケーブルを作ってる例がちらほら見られる。
こちらのIS01 USB充電ケーブルの作成の例では、IDピンがプルアップされてるとある。
抵抗らしい物は付いてなくて、IDがVBusにそのままショートしてるっぽいけど・・・大丈夫なのかな

AF-MMBのIDとGNDをショートさせた
で、何かの部品のリードの切れ端で、IDとGNDをショートさせてみた。

USBマウス接続
動作確認の為、剥き出しのままでUSBマウスを接続してみた。
こちらも正しく認識してくれました。

AF-MMB改造後
後は、ホットボンド固めて、外側のビニールを接着してできあがりです。
(あんまり上手くはくっつきませんでしたが・・・)

 

最後に

USBホストケーブルの需要は、AndroidがUSB機器に対応することで高まるだろうし、今後はUSBホストケーブルの入手が容易になると思う。
ですが、今のところは、まだ取り扱っている店が少ないのが現状のようです。

Amazonで検索しても、USB A(メス) – MicroUSB A(オス)のホストケーブルは見つかるものの、XOOMで必要なのはMicroB(オス)なので使えそうなのは見つかりませんでした。

ツイッターで、誰かがAndroidで使えるUSBホストケーブルが売っているお店のリンクをツイートしていたのだけれど、ファボるのを忘れて忘却の彼方orz

※追記 Amazonでも使えそうなのが売ってました USB2.0ホストケーブル Micro-USB(Aメス-MicroB)アダプタ(コメント欄にて、USBホストケーブルでは無いとの報告が有りました。Amazonのレビューでも「使える」「使えない」と両方のコメントが有るようで、購入の際には注意が必要です。)

そゆわけで、みなさんも、これからAndroid用にUSBホストケーブルを購入される際にはお気を付け下さい。

 

参考)
Android3.1の Motorola XOOM Wi-Fi 10.1 (MZ604) にいろいろ繋げてみた
Universal Serial Bus – Wikipedia
USBホストケーブル …ないなら自作
Garmin nuvi 200W用外部電池駆動ケーブル

 

関連記事

no image

Android Open Accessory開発時のWiFiデバッグ

Android Open Accessory開発時のデバッグは、ADBをWiFiで接続しろと、USB

記事を読む

soundIR 受信機 回路図

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)の回路

  前回からだいぶと時間が経ってしまっていますが、今回はイヤホンジャック接続のリモコン受

記事を読む

Androidで温度計

Androidで温度計(STTS751使用)

  Androidに温度センサー(STTS751)を繋いで温度表示してみました。 温度

記事を読む

米粒AVT(tiny10) リモコンレシーバー

米粒AVRでリモコン受信処理

  米粒AVR(Tiny10)で赤外線リモコンを受信して処理をするサンプルを作ってみまし

記事を読む

no image

Wimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for WindowsXPをArduinoでやってみました。

記事を読む

no image

Androidとオーブントースターを繋いでみた

Android端末とオーブントースターを、Arduino+USBホストシールドで作ったADKっぽい奴

記事を読む

no image

米粒AVRの動作周波数

  米粒AVR(ATtiny10)のデフォルトでは内臓発振器利用の1MHzが指定されてい

記事を読む

no image

Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その1)

先日Google IOで発表された Android Open Accessory。みなさん知ってます

記事を読む

秋月電子 キャラクタLCD

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、ちょっと比較してみる。 買っ

記事を読む

Raspberry Pi - Ethernet

Raspberry Pi インターネット接続

Raspberry Piをインターネットに接続してみた。 有線で接続(Ethern

記事を読む

Comment (5件)

  1. もでん

    「USB2.0ホストケーブル Micro-USB(Aメス-MicroB)アダプタ」を買ってみましたが、
    Galaxy S2 でUSBホストケーブルとして動きませんでした。
    microB側を分解してみるとIDピンとGNDピンがショートされなかったです。
    ここを銅線を使ってショートさせるとUSBホストケーブルとして使えました。
    USBとmicroUSB bの結線がこのサイトの間違い・その1の「micro(B) → mini(B)のL型変換アダプタ」と同じでした。

    1. Futaba

      Amazonのレビューにも、「使える」「使えない」と両方のコメントがありますね。
      どう言うことなのでしょうか・・・違う物が混ざって送られてるとか・・・
      いずれにせよ、この様な状況では、これは買わない方が良いですね。
      ご報告ありがとうございました。

  2. ほると

    初めまして。
    ブログ・100円玉の対価の管理人、ほるとと申します。
    「IS01 USB充電ケーブルの作成」記事へリンクして下さりありがとうございます。

    さて、参照して頂いている記事を下記URLに移転しました。

    ttp://www.hlt.jp/cgi-bin/sfs6_diary.cgi?action=article&year=2010&month=11&day=03&mynum=168

    恐れ入りますが、リンク先URLを修正願えれば光栄です。

    では今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

    1. Futaba

      ご連絡ありがとうございます!
      早速、変更させて頂きました。

  3. ピンバック: 100円ショップで、USBホストケーブル(OTGケーブル)を購入してみた | 某氏の猫空

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑