SoundIRModem ライブラリ

(このページはまだ編集中です)

 米粒AVR(Tiny10)とAndroidをイヤホンジャックで繋ぐ為のJavaのライブラリです。
赤外線リモコンの通信方式を採用しているので、この名前にしました。適当なので今後変更するかもしれません。
SoftModemのような物ですが、SoftModemのプロトコルとは互換性はありません。

なんせ米粒AVR向けなので、使う人がいるかどうか分からないのですが、実験的に公開してみました。

 

ダウンロード

最新

Soundir_modem1.2.5.zip (2013/04/30)

旧バージョン

Soundir_modem1.2.4.zip
Soundir_modem1.2.3.zip
Soundir_modem1.0.3.zip

 

Eclipseでの使い方

soundIR Modem ライブラリ1
libsフォルダーにライブラリをコピーする。
Android SDK r17以降をお使いの場合は、これだけでok
r16以前は、ビルドパスに追加する作業が必要

soundIR Modem ライブラリ2 
右クリック → ビルド・パス → ビルド・パスに追加

 

Androidから米粒AVRにデータを送る方法

米粒AVRからAndroidにデータを送る方法

 

クラス

SoundIRModemService

メソッド

void initTransmit()

データ送信前の初期化

void cleanUpTransmit()

データ送信後の後処理

void transmit(byte[] data)

データを送信

void trigger()

トリガー信号を送信
>トリガー信号について

void beginReceiveOneShot()

データを受信待ち状態にする。
一度データを受信すると、受信待機を終了する。

void beginReceiveInfinite()

データを受信待ち状態にする。
一度データを受信しても、その後また受信待機に戻る。

void stopReceive()

データ受信待機を終了

boolean isWaitingReceive()

データ受信待機中かどうか調べる
戻り値 true = 待機中

void setSchmit(int high,int low)

シュミットトリガー方式でhigh/lowの判定を行う設定
引数 閾値(high,low)はパーセントで指定(-100~100)

void setDifferential(int high,int low)

前後の差によりhigh/lowの判定を行う設定
引数 閾値(high,low)はパーセントで指定(-100~100)

void setListner(SoundIRModemListener listener)

受信したデータを受け取る為のリスナーを登録

void setPolarityReversalTransmit(boolean f)

送信時の位相反転指定
true指定で反転

void setPolarityReversalReceive(boolean f)

受信時の位相反転指定
true指定で反転

 

 

インターフェイス

SoundIRModemListener

void onReceivedSoundIRModem(Byte [] data,int bitCount)

データを受信したときに呼び出される

 

 

サンプル

このライブラリを使ったサンプル

サンプル

温度計(STTS751使用)

 


公開日:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑