Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)

公開日: 電子工作 |

ssh_connected
SSHを使って、Raspberry Piを外部PC(Windows)で操作する。

 

RaspberryPiの準備

sshを有効化

RaspberryPiの方は、raspi-configでsshを有効化する。

まずraspi-configを起動。

$ sudo raspi-config

rc_ssh1
8 Advanced Options を選択

 

rc_ssh2
A4 SSH を選択

 

rc_ssh3
Enable で有効化

 

rc_ssh4
これで、SSHが有効になりました。

 

 

Windowsの準備

Windowsでは、SSHクライアントとしてTeraTermを使います。

TeraTermのダウンロード&インストール

TeraTermのダウンロード&インストールは、TeraTerm Projectページが詳しい。
現時点での最新バージョンは4.80

ダウンロード – Tera Term (テラターム) – SourceForge.JP

Tera Term のインストール方法 – Tera Term (テラターム) – SourceForge.JP

TeraTerm Home Page

 

tt_inst1
ちなみに、インストール時のコンポーネント選択では、標準インストールを指定した。  

 

 

実際にアクセスしてみる

RaspberryPiのIPアドレスの確認

今回はIPアドレスを指定して接続するので、事前にifconfigコマンドを使ってRaspberry PiのIPアドレスを確認しておきます。

ifconfig
有線LANで接続している時はeth0inetアドレスと言う部分のアドレスを確認、無線LANの場合はwlan0inetアドレスを確認。

 

TeraTermで接続

tt_connect
TeraTermを起動すると、「新しい接続」が表示されるので

  • ホストに先ほど確認したRaspberryPiのIPアドレスを入力
  • TCPポートが22
  • サービスはSSH2

以上の設定で、[OK]

 

tt_connect2
続いて、「セキュリティ警告」が出ますが、ここは[続行]で

 

tt_connect3
次に、「SSH認証」
RaspberryPiのユーザー名・パスフレーズを入力(デフォルトでは、ユーザー名「pi」パスワード「raspberry」)
入力して、[OK]でいよいよ接続。

 

tt_connect4
これで接続完了。
後は、Raspberry Pi上のコマンドラインと同様に操作することができます。

 

tt_conect5
試しに、raspi-configを実行してみたら、普通に動きました。

 

関連記事

no image

Android + Arduino でリモコン2 (softmodem接続)

以前、LAN接続のリモコン Android + Arduino でリモコン と言うものを作ったのです

記事を読む

Androidで気圧高度計

androidで気圧・高度計(LPS331AP使用)

Androidと大気圧センサー(LPS331AP)をイヤフォンジャックで繋いで気圧と高度、ついで

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン4(Microbridge接続)

前回AndroidAccessory接続で作った赤外線学習リモコンを、今回はMicrobridge接

記事を読む

Androidから米粒AVRへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと その2

前回は「米粒AVRからAndroidへデータを送る」ことを試しました。 今回はその逆の「And

記事を読む

no image

Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その2)

前回「Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その1)」では、Androidで

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)

先日、MicrochipからPIC向けのAndroid Open Accessoryのライブラリが公

記事を読む

no image

PICでMicroBridgeをやってみた

今回は、@yishiiさんが公開されている、PIC24FJ64GB002用のMicroBridgeソ

記事を読む

パソコンで温度計 #2

今回は温度表示とログ取りアプリを作ったので公開。 前回にArduino+STTS751で作った

記事を読む

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、ちょっと比較してみる。 買っ

記事を読む

米粒AVRで温度計

米粒AVRで温度計(STTS751使用)

前回までに紹介したI2CライブラリとLCDライブラリを使って作る、温度計のサンプルです。 温度

記事を読む

Comment (2件)

  1. お世話になります。
    記事のように設定しましたが、tera termにIPアドレスを
    入力。「ホストが見つかりません」と出ます。
    Raspberry piでifconfigにてみると、アドレスは192.168.0.2とでます。
    なにが原因でしょうか。
    アドバイスをおねがいします。
    windows PCは無線LAN、win7(64bit)ノート

    1. Futaba

      コメントありがとうございます。
      正直なところ、これだけの情報では私には原因はわかりません・・・
      ちなみにPCからraspiにpingは届きますか?

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑