Raspberry Piのリビジョン

公開日: 電子工作 |

Raspberry Pi ロゴマーク

リビジョンの種類

現在、Rapsberry Piにはリビジョン1とリビジョン2と呼ばれる2つの種類が存在していて、この2つのリビジョンで外部入出力端子の並びが若干違った回路となっている。

ですので、Raspberry Piの外部入出力端子を使う時は、使うRaspberryPiのリビジョンを確認する必要がある。

 

ボードの見た目で判断する

良く見ると結構違うので、簡単に判別可能。

800px-RPi-Front-JPB 800px-RaspiFront
《Rev1の写真》 《Rev2の写真》

見た目で判断する場合、以下のポイントが分かりやすいかも。

  • ラズベリーのロゴの年月表示
    chk_rev1
    月表示が無ければリビジョン1、有ればリビジョン2
     
  • P5、P6のスルーホールの有無
    chk_rev2
    スルーホールが無ければリビジョン1、有ればリビジョン2

 

cpuinfoの内容で判断する方法

catコマンドでcpuinfoの内容を表示

$ cat /proc/cpuinfo

cpuinfoの内容で表示されるRevisionは、リビジョンコードのことで、外部入出力端子の回路に影響する基板のリビジョン(PCB Revision)とは異なるので、以下の表を見て判断

ざっくり言うと0004以上がリビジョン2で、以下がリビジョン1

Revision Code Model PCB Revision RAM
0002 B 1 256
0003 B ECN0001 1 256
0004, 0005, 0006 B 2 256
0007, 0008, 0009 A 2 256
000d, 000e, 000f B 2 512

詳細は、ここで(http://elinux.org/RPi_HardwareHistory#Board_Revision_History

ボードの見た目で判断するよりも、こちらの方が正確で詳細が分かる。当然か・・・
早速、自分の持っているRaspberryPiのcpuinfoを確認してみると・・・

Model A

cpuinfo model a
僕の持っているモデルAの方は、Revisionが0008でリビジョンは2となる。
と言うか、モデルAはリビジョン2しか無いか・・・
ちなみに、0008の製造はSonyらしい。

Model B

cpuinfo model b
僕の持っているモデルBの方は、Revisionが000dでリビジョンは2。
000dの製造は、中国のEGOMANと言う会社らしい。

 

プログラムでリビジョンを判断

プログラムとか組むとき、リビジョンを自動で判断して動作させる方法は、ここ(http://raspberryalphaomega.org.uk/2013/02/06/automatic-raspberry-pi-board-revision-detection-model-a-b1-and-b2/)がサンプルを掲載してるので参考になるかも。

そのうち試す・・・

 

関連記事

S2 SoundIR analyzer

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)のアプリ

 前回の赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)の回路 を使う為のAndroidア

記事を読む

no image

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)を作ってみた

最近、このブログ何も書いて無かったので、作成中の物の紹介・・・  これは、Andro

記事を読む

パソコンで温度計 #3

今回は、I2C接続の温度センサー STTS751をケーブルを使ってArduinoに接続できるよう

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)

先日、MicrochipからPIC向けのAndroid Open Accessoryのライブラリが公

記事を読む

no image

AndroidとArduinoの接続で使えそうなBluetoothモジュール

1ヶ月ほど前に書いた、Android + Bluetooth + Arduino が割と人気があるよ

記事を読む

Raspberry Piの起動SDカードを準備する

先日入手したRaspberry PiでLinuxを起動する為のSDカードを準備します。 Ras

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン3 その1(AndroidAccessory接続)

何度か、Android+リモコンのネタを書いたことがあるのですが、今回はAndroid Access

記事を読む

no image

Atmel Studio 6

米粒AVR(ATtiny10)の開発を行う為に、Atmel Studio 6.0をインストールし

記事を読む

Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)

SSHを使って、Raspberry Piを外部PC(Windows)で操作する。

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑