Raspberry Pi SDカードのクラスと起動速度

公開日: 電子工作 |

sdcards

SDカードにOSをインストールするので、起動にはそれなりに時間がかかります。
では、どれくらい時間がかかるのか?
SDカードのクラス(転送速度)の違いで、どれくら起動時間が変わるか?
と言ったところを実験してみました。

とりあえず、動画にしてみましたので、こちらをご覧下さい。

 

Raspberry Pi

Raspberry Pi model B
実験に使ったのはRaspberryPiのmodel B(512MB)です。

 

SDカード

3枚のSDカードで試しました。

SanDisk 8GB Class4

SanDisk 8GB Class4
先日、Raspberry Pi用に購入したカード。お値段500円程。

実測転送速度※
Read 20.10MB/s
Write 5.40MB/s

 

Transcend 8GB Class6

Transcend 8GB class6
何時買ったのか忘れた古いSDカード。スマホに刺さってたのを引き抜いて実験に利用しました。

実測転送速度※
Read 16.33MB/s
Write 12.63MB/s

 

Transcend 8GB Class10

Transcend 8GB Class10
今回の実験用に、転送速度が早くて安い物を選んで買いました。大阪日本橋で1090円でした。
SDカードとしてのクラスは10ですが、UHS-Iに対応していて最高転送速度は45MB/sらしいです。

実測転送速度※
Read 20.16MB/s
Write 13.13MB/s

※実測転送速度は、ディスクベンチマークソフト CrystalDiskMarkを利用し計測したシーケンシャルの速度です。安いUSB2.0のカードリーダーで計測したので、20MB/s辺りで頭打ちになってるっぽい?

 

結果

  Sandisk (8GB) Transcend (8GB) Transcend  (8GB)
Class 4 6 10
実測転送速度
(Read)
20.1MB/s 16.33MB/s 20.16MB/s
実測転送速度
(Write)
5.4MB/s 12.63MB/s 13.13MB/s
起動時間 25.2sec 27.2sec 24.8sec

結果としては、やはりClass10のカードが一番早かったのですが、2番目はClass6では無くてClass4のカードという結果になりました。

これは、どのカードも、表示されているクラスの規格の速度よりも実際の転送速度の方が早くて、実際の転送速度では逆転現象が起きている為だと思います。

また、起動にかかった時間の差は最大2.4秒と、たぶん体感速度では殆んど違いが分からない程の差じゃないかと思います。

とは言え、今回は起動時間だけの比較で、書き込み速度とかは試していません。一応、書込時の実測の転送速度だけを比べてみると、SandiskのClass4のカードは極端に遅いのが分かる。これだと書込み時の時間差は結構大きなものになるだろうなぁ。

実際にRaspberryPiを何かに運用する時は当然SDカードへの書き込みも発生すると思うので、やはりClassの高いSDカードを用意するに越したことは無いなと言った所存。

 

関連記事

no image

米粒AVRでアナログ入力を試してみた

米粒AVR(ATtiny10)に搭載されている8ビット4チャンネルのアナログ入力を試してみました

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン3 その1(AndroidAccessory接続)

何度か、Android+リモコンのネタを書いたことがあるのですが、今回はAndroid Access

記事を読む

no image

SoundIRModemライブラリのサンプル

 SoundIRModemライブラリは、米粒AVR(Tiny10)とAndroid端末をイ

記事を読む

Androidから米粒AVRへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと その2

前回は「米粒AVRからAndroidへデータを送る」ことを試しました。 今回はその逆の「And

記事を読む

Androidで温度計

Androidで温度計(STTS751使用)

  Androidに温度センサー(STTS751)を繋いで温度表示してみました。 温度

記事を読む

Raspberry Piの起動SDカードを準備する

先日入手したRaspberry PiでLinuxを起動する為のSDカードを準備します。 Ras

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

Androidで気圧高度計

androidで気圧・高度計(LPS331AP使用)

Androidと大気圧センサー(LPS331AP)をイヤフォンジャックで繋いで気圧と高度、ついで

記事を読む

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを買ったので、ちょっと試してみま

記事を読む

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前「パソコンで温度計」と言うもの

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑