Raspberry Piの起動SDカードを準備する

公開日: 電子工作 |

Raspberry Pi 起動SDカード

先日入手したRaspberry PiでLinuxを起動する為のSDカードを準備します。

Raspberry Pi用にOS書き込み済みのSDカードが売られていたりして、そちらの購入も考えたのですが、勉強の為にも自分でOS書き込みに挑戦することにしました。

結果として、とても簡単なことなので、割高なOS書き込み済みSDカードは買わなくて良かったなぁと・・・

 

Win32DiskImager

Raspberry Pi用の起動SDカードを作るには、OSのイメージデータをSDカードに書き込む作業が必要で、イメージデータの書き込みには、Windowsの場合 Win32DiskImagerと言うアプリを使って書き込むのが良いらしい。
単純にWindowsのエクスプローラでコピーしただけでは起動されません。

Win32DiskImager
使い方は簡単、イメージファイルと書き込み先のドライブを指定して、Writeボタンを押すだけ。
書き込み完了までは数分かかる。

 

Raspbian

とりあえず起動SDカードにはRaspbianを利用します。

Raspbianのイメージは、公式のサイトからダウンロードします。
http://www.raspberrypi.org/downloads

今回利用したのは、
2013-09-25-wheezy-raspbian.zip

このRaspbianを書き込むには容量4GB以上のSDカードが必要です。
少し前の解説書等を見ると2GB以上と書かれている場合があるけど、バージョンが変わって容量が増えたのかな?

 

SDカード

今回僕はSanDisk 8GB Class4のカードと、Victor 4GB Class4のカードの2枚をRaspberry Pi用に用意しました。
大阪日本橋で2枚あわせて1000円程度で買いました。

SDカード

 汎用性を考えてmicroSDカード+変換アダプターで使うことにしたのですが、この変換アダプターにちょっと問題が有りまして・・・

起動SDカードを作って、それをRaspberry Piに挿して、いざ通電・・・しても、一向に起動されないのです。
繋いだモニター画面も真っ暗なまま。本体のインジケータもPWRが光ってるだけ。(ちなみに正常に起動する時は、ACTの緑LEDがチカチカします)

初めての起動時にこんな状態だったので、かなり焦りましたが、どうも変換アダプターとの相性が悪かったみたいです。

他のアダプターに差し替えて試してみると難なく起動できました。めでたしめでたし。

SDカード・変換アダプター
家にあった変換アダプター全部試してみた結果、SanDiskのアダプターのみ使えませんでした。なんでやねん!

 

関連記事

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

S2 SoundIR analyzer

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)のアプリ

 前回の赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)の回路 を使う為のAndroidア

記事を読む

Raspberry Pi SDカードのクラスと起動速度

SDカードにOSをインストールするので、起動にはそれなりに時間がかかります。 では、どれくらい

記事を読む

Raspberry Piのスクリーンショット

  ブログで使う用に、Raspberry Piのスクリーンショットを撮りたいと思った時、

記事を読む

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを買ったので、ちょっと試してみま

記事を読む

米粒AVT(tiny10) リモコンレシーバー

米粒AVRでリモコン受信処理

  米粒AVR(Tiny10)で赤外線リモコンを受信して処理をするサンプルを作ってみまし

記事を読む

no image

AndroidでSoftModemを試してみた

今回、ここで言うSoftModemとは、携帯電話のオーディオ端子(イヤホン・マイク端子)を利用し

記事を読む

Raspbianの起動SDカードを再利用

一度、Raspbianのイメージを書き込んだSDカードは、フォーマットが違う為にWindowsでは利

記事を読む

no image

米粒AVRでLチカ

  米粒AVR(ATtiny10)でLチカしてみました。 LチカとはLEDをチカチカと

記事を読む

no image

米粒AVRの動作周波数

  米粒AVR(ATtiny10)のデフォルトでは内臓発振器利用の1MHzが指定されてい

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑