Raspberry Piの起動SDカードを準備する

公開日: 電子工作 |

Raspberry Pi 起動SDカード

先日入手したRaspberry PiでLinuxを起動する為のSDカードを準備します。

Raspberry Pi用にOS書き込み済みのSDカードが売られていたりして、そちらの購入も考えたのですが、勉強の為にも自分でOS書き込みに挑戦することにしました。

結果として、とても簡単なことなので、割高なOS書き込み済みSDカードは買わなくて良かったなぁと・・・

 

Win32DiskImager

Raspberry Pi用の起動SDカードを作るには、OSのイメージデータをSDカードに書き込む作業が必要で、イメージデータの書き込みには、Windowsの場合 Win32DiskImagerと言うアプリを使って書き込むのが良いらしい。
単純にWindowsのエクスプローラでコピーしただけでは起動されません。

Win32DiskImager
使い方は簡単、イメージファイルと書き込み先のドライブを指定して、Writeボタンを押すだけ。
書き込み完了までは数分かかる。

 

Raspbian

とりあえず起動SDカードにはRaspbianを利用します。

Raspbianのイメージは、公式のサイトからダウンロードします。
http://www.raspberrypi.org/downloads

今回利用したのは、
2013-09-25-wheezy-raspbian.zip

このRaspbianを書き込むには容量4GB以上のSDカードが必要です。
少し前の解説書等を見ると2GB以上と書かれている場合があるけど、バージョンが変わって容量が増えたのかな?

 

SDカード

今回僕はSanDisk 8GB Class4のカードと、Victor 4GB Class4のカードの2枚をRaspberry Pi用に用意しました。
大阪日本橋で2枚あわせて1000円程度で買いました。

SDカード

 汎用性を考えてmicroSDカード+変換アダプターで使うことにしたのですが、この変換アダプターにちょっと問題が有りまして・・・

起動SDカードを作って、それをRaspberry Piに挿して、いざ通電・・・しても、一向に起動されないのです。
繋いだモニター画面も真っ暗なまま。本体のインジケータもPWRが光ってるだけ。(ちなみに正常に起動する時は、ACTの緑LEDがチカチカします)

初めての起動時にこんな状態だったので、かなり焦りましたが、どうも変換アダプターとの相性が悪かったみたいです。

他のアダプターに差し替えて試してみると難なく起動できました。めでたしめでたし。

SDカード・変換アダプター
家にあった変換アダプター全部試してみた結果、SanDiskのアダプターのみ使えませんでした。なんでやねん!

 

関連記事

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、ちょっと比較してみる。 買っ

記事を読む

米粒AVRからAndroidへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと

米粒AVRとAndroidを繋いで、データのやりとりを行ってみたいと思います。 2つを繋ぐイン

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン3のおまけ

Androidとは関係ないのですが、前回の記事  Android+Arduinoでリモコ

記事を読む

米粒AVRで温度計

米粒AVRで温度計(STTS751使用)

前回までに紹介したI2CライブラリとLCDライブラリを使って作る、温度計のサンプルです。 温度

記事を読む

no image

米粒AVRでシリアル通信(ただし送信だけ)

米粒AVR(ATtiny10)にUART機能は搭載されていないので、シリアル通信を行う為には自前

記事を読む

no image

気になる物

HT-03Aで使えるのかどうかは知らないけど、Bluetooth-シリアルモジュール(BT-MOD1

記事を読む

no image

米粒AVRで小型8連ナイトライダーを作ってみた

米粒AVR(ATtiny10)を2つ使って、8つのLEDを順番に点灯しています。 &nbs

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)

先日、MicrochipからPIC向けのAndroid Open Accessoryのライブラリが公

記事を読む

パソコンで温度計 #4

前回までに作ったPC温度計のログデータを、計測と同時に撮影した映像にオーバーレイ表示(スーパーイ

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑