Raspbianの起動

公開日: 電子工作 |


Raspbianの起動画面をキャプチャしてみた。
SDカードにイメージを書き込んだままのデフォルト設定では、このように起動されます。

 

raspi-colortest
まず、カラーテスト?の画面が現れます。

raspi-proc
次に起動プロセスのログがずらずらと流れて

raspi-config
最後に設定画面(raspi-config)が表示される。

 

起動の変更

デフォルトではraspi-configが起動するようになっているのですが、コンソールやX-Windowに変更することができる。(ちなみに、これを一度変更した後、また自動でraspi-configが起動するようにする設定方法を僕は知りません)

raspi-config-3-enable-boot-to-desktop-scratch
まず、raspi-configの 3 Enable Boot to Desktop/Scratch を選択

raspi-config-chose-boot-option
次にChoose boot optionでConsoleDesktopScratchの3つの中から選ぶ。

コンソール

raspi-console
コンソールでは、起動後、ログインプロンプトが表示される。

デフォルトでは

ユーザー名:pi
パスワード:raspberry

で、ログインが可能となっている。

また、コマンドラインに

$ sudo raspi-config

と入力することで、raspi-confiを起動

$ startx

と入力すれば、X-Windowを起動することができる。

 

デスクトップ(X-Window)

raspi-xwindow
デスクトップでは、piユーザーで自動でログインし、X-Windowが起動される。

 

Scratch

raspi-scratch
良く知らないのですが、プログラミングソフトらしいです。

 

関連記事

no image

Android Open Accessory開発時のWiFiデバッグ

Android Open Accessory開発時のデバッグは、ADBをWiFiで接続しろと、USB

記事を読む

米粒AVRで温度計

米粒AVRで温度計(STTS751使用)

前回までに紹介したI2CライブラリとLCDライブラリを使って作る、温度計のサンプルです。 温度

記事を読む

Raspberry Piのリビジョン

リビジョンの種類 現在、Rapsberry Piにはリビジョン1とリビジョン2と呼ばれる2つの

記事を読む

米粒AVR リモコン

米粒AVRでリモコン送信機

米粒AVR(tiny10)を使った赤外線リモコン送信機を作ってみました。 これで送信できるのは

記事を読む

no image

米粒AVRで小型8連ナイトライダーを作ってみた

米粒AVR(ATtiny10)を2つ使って、8つのLEDを順番に点灯しています。 &nbs

記事を読む

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを買ったので、ちょっと試してみま

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン3 その2(AndroidAccessory接続)

何度か、Android+リモコンのネタを書いたことがあるのですが、今回はAndroid Access

記事を読む

no image

AndroidでSoftModemを試してみた

今回、ここで言うSoftModemとは、携帯電話のオーディオ端子(イヤホン・マイク端子)を利用し

記事を読む

パソコンで温度計 #3

今回は、I2C接続の温度センサー STTS751をケーブルを使ってArduinoに接続できるよう

記事を読む

no image

米粒AVR(ATtiny10)

通称「米粒AVR」で知られるTiny10を使ってみたくて、秋月の通販で買ってみました。 超小型

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑