米粒AVRで小型8連ナイトライダーを作ってみた

公開日: 電子工作 |

米粒AVR - 8連ナイトライダー

米粒AVR(ATtiny10)を2つ使って、8つのLEDを順番に点灯しています。

 

基盤は秋月の64ホールユニバーサル基盤を使用。サイズは1cm×1cmとなっています。
電池も大きさにこだわり、ボタン電池LR41を2つ(3V)で駆動しています。

米粒AVRの処理としては、1本の信号線で2つのAVRを繋ぎ、それぞれの残った3つのピンでダイナミック点灯的なことをしています。
この方式では本当は3x3で9連ナイトライダーが可能なのですが、基盤のホールは8x8で横一列にLED8個しか並べられないので泣く泣く1つ減らしています。

米粒AVR - 9連ナイトライダー
ブレッドボードでの試作
ごちゃごちゃした配線をギュッと1cmの基板に詰め込んだら・・・
↓↓↓

こんなんが出来上がりました。

 

関連記事

no image

Softmodem Terminal 公開しました。

需要がどれほど有るのか疑問に思いつつ、以前のエントリ(AndroidでSoftModemを試してみた

記事を読む

Raspberry Pi SDカードのクラスと起動速度

SDカードにOSをインストールするので、起動にはそれなりに時間がかかります。 では、どれくらい

記事を読む

パソコンで温度計 #2

今回は温度表示とログ取りアプリを作ったので公開。 前回にArduino+STTS751で作った

記事を読む

Raspbianの最初の設定

  Raspbianのインストール後にraspi-configを使って行う最初の設定

記事を読む

no image

米粒AVRでシリアル通信(ただし送信だけ)

米粒AVR(ATtiny10)にUART機能は搭載されていないので、シリアル通信を行う為には自前

記事を読む

no image

米粒AVRの動作周波数

  米粒AVR(ATtiny10)のデフォルトでは内臓発振器利用の1MHzが指定されてい

記事を読む

そうだ、Raspberry Pi用にピンヘッダーのオス・メス変換アダプタを作ろう

  Raspberry PiのI/O端子は、ピンヘッダーとなっていて、電極が出っ張ってる

記事を読む

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduinoでも比較的簡単にSDカードを

記事を読む

no image

USBホストケーブルとUSBケーブルの違い

USBホストケーブル(OTGケーブル)と普通のUSBケーブルの違いは、USBホストケーブルとして振る

記事を読む

no image

SoundIRModemライブラリのサンプル

 SoundIRModemライブラリは、米粒AVR(Tiny10)とAndroid端末をイ

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑