AVRISPmk2

公開日: 電子工作 | ,

AVRISP mk2

米粒AVR(ATtiny10)のプログラム書き込み用にAVRISPmk2を購入しました。
先人の偉い方々は、書き込み用のハードすらをも自作される人が多いのですが、僕は面倒なので手っ取り早くお金で解決しちゃいましたw
ATMEL AVRISPインシステム・プログラマー AVRISPmkII

3000円。 ネットで見ていると少し前までは3300円だったっぽい。
少し得した気分だけれど、この逆のこと(僕が買った後で値下がりとか)は良く有ることなので複雑な気分でもある。

 

AVRISPmk2 USBコネクタ
AVRISPmk2とPCと繋ぐのはUSBです。
USBコネクタはBメス。
Arduinoのケーブルを使いまわすことができます。

 

AVRISPmk2 ISPコネクタ
本体からにょきっと生えているISPコネクタの先端部分。
リボンケーブルの赤色が、1番ピンの目印らしい。

 

ISPコネクタ ピンアサイン
ピンアサインはこんな感じらしい。
 

AVRISPmk2 ATtiny10
1.MISO 1.PB0
2.VCC 5.VCC
3.SCK 3.PB1
4.MOSI  
5.RST 6.PB3
6.GND 2.GND

米粒AVRはISPでは無く、TPIと言う規格で書き込むらしい。
TPI接続する場合は、このように配線するらしい。
米粒AVRの4番ピンは使わないらしい。
それなら4番も使ってISPで書き込めるようにしてくれたら嬉しいのに、そうは行かないらしい。

 

AVRISPmk2 パッケージ
どうでもいいけど、AVRISPmk2はパッケージの箱が無駄に大きい。

 

AVRISPmk2 パッケージとシスコーンビッグ
どれくらい大きいかと言うと、シスコーンBIGフロストくらい大きい。

 

関連記事

no image

米粒AVR(ATtiny10)

通称「米粒AVR」で知られるTiny10を使ってみたくて、秋月の通販で買ってみました。 超小型

記事を読む

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する

またSoftModemネタです。 調子に乗って arms22さんの記事 iPhoneで一眼レフカメ

記事を読む

soundIR 送信機

赤外線リモコン送信機(イヤホンジャック接続)の回路

前回は受信機で、今回は送信機を作ってみました。 受信機と違って、送信機の作成は少し面倒です。

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン3 その1(AndroidAccessory接続)

何度か、Android+リモコンのネタを書いたことがあるのですが、今回はAndroid Access

記事を読む

no image

AndroidでSoftModemを試してみた

今回、ここで言うSoftModemとは、携帯電話のオーディオ端子(イヤホン・マイク端子)を利用し

記事を読む

Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)

SSHを使って、Raspberry Piを外部PC(Windows)で操作する。

記事を読む

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前「パソコンで温度計」と言うもの

記事を読む

no image

Atmel Studio 6

米粒AVR(ATtiny10)の開発を行う為に、Atmel Studio 6.0をインストールし

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)

先日、MicrochipからPIC向けのAndroid Open Accessoryのライブラリが公

記事を読む

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduinoでも比較的簡単にSDカードを

記事を読む

Comment (2件)

  1. 川内 英樹

    はじめまして。
    AVR-ISP MK2 を、購入したいと、思っていますが、
    書き込みだけの、機能しか、ありませんか、
    その他の機能が、ありましたら、教えてくださいませんか。
    以上です。
           川内 英樹

    1. Futaba

      コメントありがとうございます。
      返信が遅れて申し訳ございません。

      AVR-ISP MK2は書き込み以外に読み込みにも対応しています。

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑