米粒AVR(ATtiny10)

公開日: 電子工作 |

tiny10
通称「米粒AVR」で知られるTiny10を使ってみたくて、秋月の通販で買ってみました。
超小型AVRマイコン ATtiny10 米粒AVR (10個入り)

 

tiny10 パッケージ
10個450円
写真では分かり難いですが、ラベルが若干色あせてる気がします。
あまり売れてないのだろうか・・・

 

tiny10 モジュール化
米粒のままでは使いにくいので、SOT変換基盤に乗せました。
ピンのピッチは1mmに満たない0.95mmで、半田付けは結構難しい。
秋月では実装済みのモジュールも売られている。

 

tiny10 モジュール裏面
変換基盤の裏面は、SMDのランドが9つあり、ちょうど良いのでパスコンをつけました。
変換基盤の足の間隔は、通常のICソケットの300mil(7.6mm)より狭い7mmとなっているので、分かりづらいですが若干開き気味になっています。
これで、ブレッドボードや、ICソケットにも差して使えます。

 

tiny10と米粒
米粒AVRと言うので、実際に米粒と比べてみました。
こうして見てみると、米粒より一回り小さい感じがします。

 

tiny10とごま粒
それならばと、ごま粒と比べてみました。
うん、こっちのほうが大きさが近い気がする。
(ってか、ごまってよく見ると気持ち悪いですね・・・おえっ)
 

 

tiny10と米粒とごま粒
と言う訳で、みなさん、これからはATtiny10のことを「ごま粒AVR」と呼びましょう。

 

関連記事

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前「パソコンで温度計」と言うもの

記事を読む

no image

Android Open Accessory開発時のWiFiデバッグ

Android Open Accessory開発時のデバッグは、ADBをWiFiで接続しろと、USB

記事を読む

パソコンで温度計 #2

今回は温度表示とログ取りアプリを作ったので公開。 前回にArduino+STTS751で作った

記事を読む

no image

SoundIRModemライブラリのサンプル

 SoundIRModemライブラリは、米粒AVR(Tiny10)とAndroid端末をイ

記事を読む

そうだ、Raspberry Pi用にピンヘッダーのオス・メス変換アダプタを作ろう

  Raspberry PiのI/O端子は、ピンヘッダーとなっていて、電極が出っ張ってる

記事を読む

no image

Bimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for Arduinoの最後で予告していた、Wimeji c

記事を読む

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、ちょっと比較してみる。 買っ

記事を読む

soundIR 送信機

赤外線リモコン送信機(イヤホンジャック接続)の回路

前回は受信機で、今回は送信機を作ってみました。 受信機と違って、送信機の作成は少し面倒です。

記事を読む

Raspbianの起動SDカードを再利用

一度、Raspbianのイメージを書き込んだSDカードは、フォーマットが違う為にWindowsでは利

記事を読む

no image

米粒AVRでLチカ

  米粒AVR(ATtiny10)でLチカしてみました。 LチカとはLEDをチカチカと

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑