米粒AVRでLチカ

公開日: 電子工作 |

 tiny10 - Lチカ

米粒AVR(ATtiny10)でLチカしてみました。
LチカとはLEDをチカチカと点滅させることで、初めて扱うチップやボードを入手した時に、試しに動作させるのがLチカです。
言うなればハードウェア版「Hello world」的なもの。

回路図

tiny10blink - 回路図

PB0に抵抗+LEDを繋いだだけの簡単な回路です。
実は、RESETピンにプルアップが必要だと思っていたのですが、AVRのRESETピンは内部プルアップが効いていて必要無いのだとか・・・知りませんでした。

 

プログラム

#ifndef F_CPU<br />
#define F_CPU 1000000UL<br />
#endif<br />
<br />
#include <avr/io.h><br />
#include <util/delay.h><br />
<br />
#define LED            PB0<br />
#define DELAY        500<br />
<br />
int main(void)<br />
{<br />
    DDRB |= _BV(LED);<br />
    <br />
    while(1)<br />
    {<br />
        PORTB ^= _BV(LED);<br />
        _delay_ms(DELAY);<br />
    }<br />
}<br />

これは、PB0ピンへの出力を500ミリ秒毎にHigh/Low交互に変更するプログラムです。

米粒AVRは、デフォルトでは1MHz動作となっています。
_delay_msを使う為に、F_CPUで1MHz動作であることを定義しています。(1~3行目)

 

実際に動かしているところ。

 

関連記事

Raspbianの起動

Raspbianの起動画面をキャプチャしてみた。 SDカードにイメージを書き込んだままのデフォ

記事を読む

no image

Android + Bluetoothドングル + PIC24F

@hrdakinori さんと言う方が、PIC24FとBluetoothドングルを使って、Andro

記事を読む

パソコンで温度計 #4

前回までに作ったPC温度計のログデータを、計測と同時に撮影した映像にオーバーレイ表示(スーパーイ

記事を読む

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduinoでも比較的簡単にSDカードを

記事を読む

no image

USBホストケーブルとUSBケーブルの違い

USBホストケーブル(OTGケーブル)と普通のUSBケーブルの違いは、USBホストケーブルとして振る

記事を読む

米粒AVRからAndroidへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと

米粒AVRとAndroidを繋いで、データのやりとりを行ってみたいと思います。 2つを繋ぐイン

記事を読む

米粒AVT(tiny10) リモコンレシーバー

米粒AVRでリモコン受信処理

  米粒AVR(Tiny10)で赤外線リモコンを受信して処理をするサンプルを作ってみまし

記事を読む

Raspbianの起動SDカードを再利用

一度、Raspbianのイメージを書き込んだSDカードは、フォーマットが違う為にWindowsでは利

記事を読む

no image

米粒AVRでシリアル通信(ただし送信だけ)

米粒AVR(ATtiny10)にUART機能は搭載されていないので、シリアル通信を行う為には自前

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)

先日、MicrochipからPIC向けのAndroid Open Accessoryのライブラリが公

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑