米粒AVRでLチカ

公開日: 電子工作 |

 tiny10 - Lチカ

米粒AVR(ATtiny10)でLチカしてみました。
LチカとはLEDをチカチカと点滅させることで、初めて扱うチップやボードを入手した時に、試しに動作させるのがLチカです。
言うなればハードウェア版「Hello world」的なもの。

回路図

tiny10blink - 回路図

PB0に抵抗+LEDを繋いだだけの簡単な回路です。
実は、RESETピンにプルアップが必要だと思っていたのですが、AVRのRESETピンは内部プルアップが効いていて必要無いのだとか・・・知りませんでした。

 

プログラム

#ifndef F_CPU<br />
#define F_CPU 1000000UL<br />
#endif<br />
<br />
#include <avr/io.h><br />
#include <util/delay.h><br />
<br />
#define LED            PB0<br />
#define DELAY        500<br />
<br />
int main(void)<br />
{<br />
    DDRB |= _BV(LED);<br />
    <br />
    while(1)<br />
    {<br />
        PORTB ^= _BV(LED);<br />
        _delay_ms(DELAY);<br />
    }<br />
}<br />

これは、PB0ピンへの出力を500ミリ秒毎にHigh/Low交互に変更するプログラムです。

米粒AVRは、デフォルトでは1MHz動作となっています。
_delay_msを使う為に、F_CPUで1MHz動作であることを定義しています。(1~3行目)

 

実際に動かしているところ。

 

関連記事

no image

Atmel Studio 6

米粒AVR(ATtiny10)の開発を行う為に、Atmel Studio 6.0をインストールし

記事を読む

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、ちょっと比較してみる。 買っ

記事を読む

no image

Androidとオーブントースターを繋いでみた

Android端末とオーブントースターを、Arduino+USBホストシールドで作ったADKっぽい奴

記事を読む

no image

米粒AVRの動作周波数

  米粒AVR(ATtiny10)のデフォルトでは内臓発振器利用の1MHzが指定されてい

記事を読む

Raspbianの起動SDカードを再利用

一度、Raspbianのイメージを書き込んだSDカードは、フォーマットが違う為にWindowsでは利

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

Raspberry Piの起動SDカードを準備する

先日入手したRaspberry PiでLinuxを起動する為のSDカードを準備します。 Ras

記事を読む

no image

AndroidでSoftModemを試してみた

今回、ここで言うSoftModemとは、携帯電話のオーディオ端子(イヤホン・マイク端子)を利用し

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン3 その1(AndroidAccessory接続)

何度か、Android+リモコンのネタを書いたことがあるのですが、今回はAndroid Access

記事を読む

Raspberry Piのリビジョン

リビジョンの種類 現在、Rapsberry Piにはリビジョン1とリビジョン2と呼ばれる2つの

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑