Android+Arduinoでリモコン4(Microbridge接続)

公開日: 電子工作 | , , ,

前回AndroidAccessory接続で作った赤外線学習リモコンを、今回はMicrobridge接続化してみました。

接続をMicrobridge化することで、Ver2.3.4以前の古いAndroidでも動いたり、Microbridgeのメモリ消費が少ないのでリモコンデータの保存メモリが多く取れて、エアコン等の長いリモコンの学習ができたりと、いくつかの利点が得られます。

ADK-IrRemote
(回路はADK-IrRemoteそのまま、プログラムを変更するだけで、Microbridgeに対応できます)

 

AndroidAccessory接続との違い

古いAndroidでも動作する

Android AccessoryではAndroid2.3.4以降の端末が必須でしたが、MicrobridgeではAndroid1.6等の古い端末でも動作します。
ちなみに、今回のリモコンはHT03AとIS01で動作することを確認しています。

・・・が、逆にXOOMでは動かなかったりしますorz

エアコンのリモコンが学習できる

ArduinoのMicrobridgeライブラリは、AndroidAccessoryのライブラリと比べてメモリ消費が少ないようで、リモコンデータの保存用メモリが多く取れます。
従って、エアコン等の長いリモコンの学習ができるようになっています。

前回作ったAndroidAccessory接続の物でも、長めのリモコンデータの学習ができるのですが、今回はさらに長く学習できるようになっています。

学習できる長さ(時間)

サンプリングレート/デバイス KURORS Accessory接続 Microbridge接続
20us  – 81.92ms 153.6ms
50us  – 204.8ms 384ms
100us 192ms 409.6ms 768ms

単位 us=マイクロ秒 ms=ミリ秒

 

回路

回路は、Android+Arduinoでリモコン3 その1(AndroidAccessory接続)と同じもので動作します。

 

サンプルアプリの使い方

アプリの使い方も、Android+Arduinoでリモコン3 その2(AndroidAccessory接続)とほぼ同じなので割愛。
Android Accessory接続の場合、Arduinoを接続したときに自動でアプリが起動したのですが、Microbridge接続の場合手動で起動する必要があります。
 

 

サンプルアプリのダウンロード

野良apkとして置いておきます。

mb-IrRemote1.0.apk

 

Androidアプリ・Arduinoスケッチのソース

↓のzipファイルに、本記事のソース一式をまとめています。

MB_IrRemote20110907.zip

 

最後に

動作の確認はHT03AとIS01で行いました。
HT03Aだと、動作が不安定になることが有るかもしれません・・・(原因不明orz

 

関連記事

no image

米粒AVRでシリアル通信(ただし送信だけ)

米粒AVR(ATtiny10)にUART機能は搭載されていないので、シリアル通信を行う為には自前

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その2)

 前回「PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)」では回路の説明までしたので、

記事を読む

Androidで温度計

Androidで温度計(STTS751使用)

  Androidに温度センサー(STTS751)を繋いで温度表示してみました。 温度

記事を読む

no image

Softmodem Terminal 公開しました。

需要がどれほど有るのか疑問に思いつつ、以前のエントリ(AndroidでSoftModemを試してみた

記事を読む

パソコンで温度計 #4

前回までに作ったPC温度計のログデータを、計測と同時に撮影した映像にオーバーレイ表示(スーパーイ

記事を読む

Raspberry Piのリビジョン

リビジョンの種類 現在、Rapsberry Piにはリビジョン1とリビジョン2と呼ばれる2つの

記事を読む

no image

Bimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for Arduinoの最後で予告していた、Wimeji c

記事を読む

no image

気になる物

HT-03Aで使えるのかどうかは知らないけど、Bluetooth-シリアルモジュール(BT-MOD1

記事を読む

no image

Atmel Studio 6

米粒AVR(ATtiny10)の開発を行う為に、Atmel Studio 6.0をインストールし

記事を読む

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを買ったので、ちょっと試してみま

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑