AndroidとArduinoの接続で使えそうなBluetoothモジュール

公開日: 電子工作 | , ,

1ヶ月ほど前に書いた、Android + Bluetooth + Arduino が割と人気があるようなので、今回は前回に紹介した他にArduinoで使えそうなBluetoothモジュールを探してみました。

Arduino Duemilanove

今回は、日本国内で個人が趣味用に簡単に買えそうなのをピックアップ。

ArduinoBT

Arduino BT(SparkFun DEV-08255)
標準の接続がBluetoothになっている Arduino。 使われているのは Bluegiga WT11 と言うモジュールらしい。

販売店:チップワンストップ(9,980円) / スイッチサイエンス(12,000円)

Bluetooth Mate (SparkFun WRL-09358)

BluetoothMate(SparkFun WRL-09358)
動作電圧:3.3~6V
シリアル通信:2,400~115,200bps

販売店:千石電商(6,495円)

Bluetooth Modem(SparkFun WRL-00582)

BluetoothModem(SparkFun WRL-00582)
動作電圧:3.3~6V
シリアル通信:2,400~115,200bps

販売店:ストロベリーリナックス(7,980円)

Bluetooth Dip Module(SparkFun WRL-08550)

BluetoothDipModule(SparkFun WRL-08550)
動作電圧:3.3V
シリアル通信:最大 3Mbps

販売店:ストロベリーリナックス(7,350円)

AKC21 v.6 AKC21 v.6
動作電圧:3.1~3.6V
シリアル通信:最大3Mbps

販売店:アーガイルホームテック(4,840円)

Bluegiga WT11

Bluegiga WT11
動作電圧:3.1~3.6V
シリアル通信:1,200~3Mbps
ArduinoBTで使われてるモジュール

販売店:レオコム(5450円)

BT-MOD100R

BT-MOD100R
動作電圧:2.5~3.3V
シリアル通信:2400~921.6Kbps
動作電圧は3Vが推奨で、3.3V以上の電圧を印加すると壊れるらしい。5V回路からの電圧変換アダプタが1,300円で別売りされている。
技適とBluetooth SIGで認証済みで、Bluetoothマークを無料で利用する事も可能だとか

販売店:マイクロテクニカ(7,500円)
Amazon(7,500円)
スイッチサイエンス(5,980円)

 

総合的に考えると、実験用には 扱いやすい Bluetooth Mate 、製品に組み込む場合には技適やBluetooth SIGの認証を受けている BT-MOD100R が一番良さそうな感じがします。

 

bluetooth module serial port slave

Bluetooth module serial port Slave
動作電圧:3.3V
シリアル通信:4800~115,200bps
NKC electronics($19.50)

このモジュールには、Slave用とMastar用が有るようです。

海外サイトで見つけた激安BTモジュール
送料込みでも、2千円台で買えそうです。 

 

表示している価格は、全て現時点の表示価格です。
他にも、企業向けの「要見積もり」的な商品も多く見つかりましたが、今回はそう言うのは省いています。
あと、BT-MOD100R以外は全て技適認証が有りません。
技適を受けていないモジュールを使って電波を飛ばすと電波法に触れる場合が有ります。
 

関連記事

no image

Android+Arduinoでリモコン3 その2(AndroidAccessory接続)

何度か、Android+リモコンのネタを書いたことがあるのですが、今回はAndroid Access

記事を読む

米粒AVRからAndroidへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと

米粒AVRとAndroidを繋いで、データのやりとりを行ってみたいと思います。 2つを繋ぐイン

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

soundIR 受信機 回路図

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)の回路

  前回からだいぶと時間が経ってしまっていますが、今回はイヤホンジャック接続のリモコン受

記事を読む

no image

Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その3)

「Arduino + USBホストシールド で ADK を試す(その1)」では、Android上のア

記事を読む

no image

AVRISPmk2

米粒AVR(ATtiny10)のプログラム書き込み用にAVRISPmk2を購入しました。 先人

記事を読む

米粒AVT(tiny10) リモコンレシーバー

米粒AVRでリモコン受信処理

  米粒AVR(Tiny10)で赤外線リモコンを受信して処理をするサンプルを作ってみまし

記事を読む

Raspbianの最初の設定

  Raspbianのインストール後にraspi-configを使って行う最初の設定

記事を読む

Raspberry Piのスクリーンショット

  ブログで使う用に、Raspberry Piのスクリーンショットを撮りたいと思った時、

記事を読む

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを買ったので、ちょっと試してみま

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑