AVDの起動が遅い その3

公開日: 未分類 | ,

以前購入した、アンドロイドの開発本「Google Android アプリ開発ガイド」によると、

起動が完了するまでに数分間掛かる場合は、マシン・スペックが低すぎると考えた方がよいです。

(Google Android アプリ開発ガイド p27より)

と書かれているのを見て、意を決してPCを新調しました。

新調したのは、

CPU:Core 2 Quad Q8400 (2.66GHz, L2=2x2M Cache, FSB1333, 95W)
メモリ:DDRII 800 2G
マザー:MSI G41TM-E43

な、感じなのですが、

結果、劇的に起動が早くなりました!!

この構成で、初回起動で30秒以内・次回以降20秒以内と言う速度で起動してくれます。(しかし、時々、起動に失敗するのは変わらず・・・)
通常のアプリなら、これでは遅い方だと思いますが・・・でも、今まで5分以上かかっていた起動時間が、ここまで短縮できれば大満足です。

おまけに、AVDの動作もスムースで、実機並に操作ができる程。
今までのPCでは、画面をタッチ(クリック)しても、AVDが反応するのに数秒かかっていて、画面をスクロールさせるのも一苦労でした。 独特の画面を弾いてスクロールさせるなんて、とても出来る状態では無かったものが、実機と同じように出来ました。

結局のところ、古いPCではAVDを使った開発は出来ないと言うことですね。
AVDの起動の遅さに困っている方は、パソコン買い換えが一番の解決方法のようです。

 

DualコアとQuadコア

AVDの起動中のタスクマネージャを見ていると、どうやらコアは1個しか使われていないようです。

AVD起動中のタスクマネージャ

起動中に限らず、AVD操作中も同じような感じでした。

複数コアで動作させる方法があるのかどうかは分かりませんが、これを見る限り、QuadコアよりもDualコアでクロック数が高い方が良かったようです(Androidの開発だけを考えるなら)。
僕は、Core 2 Quad Q8400 を選んだのですが、同価格帯のCore 2 Duo E8400の方がよかったのでしょう。

Core 2 Quad Q8400 (2.66GHz, L2=2x2M Cache, FSB1333, 95W)
Core 2 Duo E8400(3.00GHz , 6M, FSB1333 ,TDP65W, 45nm) E0(SLB9J)

同じような値段で、クロック数・L2キャッシュ・消費電力がE8400の方が上。Q8400が良いのはコア数だけ。

明らかに選択ミスw ショボーン(´・ω・`)

 

でも、まぁ、何はともあれ、これで、やっとストレス無く開発が出来るようになったので、めでたしめでたし。

 

関連記事

no image

[XOOM]音楽プレイヤーの文字化け問題

  僕の持ってる、米版XOOMの音楽プレイヤーは、日本語のID3情報(タイトルやアーティ

記事を読む

no image

Androidでテザリング

僕はテザリングと言う言葉を知らなかったのですが、どうやら前回書いた Android をモデム代わりに

記事を読む

no image

自由に使えるドロイド君

Androidのマスコットとして、すっかり定着したドロイド君の素材について (このロボットには名前

記事を読む

no image

ADK開発本

ADK開発本「Android ADKプログラミング&電子工作バイブル」が発売されたような

記事を読む

no image

HT-03Aのスクリーンキャプチャを撮る

Andoroidでキャプチャを撮るのは結構面倒です。 だけど、Windowsでを押してキャプチャを

記事を読む

no image

Android 1.6でルートが取れる?

一度ドーナツを食べてしまったHT-03Aは、ルート化するのは難しいようですが、コムギドットネットさん

記事を読む

no image

AVD (Androidエミュレータ)の起動が遅い

Android SDK のインストールを見ながら、Eclipse + Android SDKのアンド

記事を読む

no image

MB200のエミュレータを試す

前回の投稿時と同様、カレンダーウィジェットの「2.0で動かないよ」メールの対策の為に、MOTOROL

記事を読む

no image

HDMI出力をキャプチャーしてみた

AndroidのHDMI出力を、動画としてキャプチャーしてみました。 比較用に、HDMI出力をその

記事を読む

no image

IS01買いました

AUから満を持して発売されたアンドロイド携帯、SHARP IS01買いました。 DoCoMoの

記事を読む

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑