XMP Editor

 XMP Editor

これは画像ファイル(JPEG)に埋め込まれたXMPメタデータをテキスト編集する為のWindowsアプリです。

某360度全天球画像をGoogleフォトにアップする時に値を色々変えてどのように表示されるか試すのに作ったものです。

 

制約的なところ

  • 対応している画像ファイルはJPEGのみです。
  • 対応しているXMPの文字コードははUTF-8のみです。
  • XMPの内容チェックはしていません。

  

画面説明

XMP Editor

  • ピクチャーボックス
    編集対象ファイルの画像を表示
  • ファイル名
    編集対象ファイルのファイル名表示
  • XMLテキストボックス
    XMPの内容の表示と編集
  • 整形ボタン
  • 保存ボタン

 

使い方

  • 画像ファイルの指定
    アプリ画面の適当な場所に編集したい画像ファイルをドラッグ&ドロップします。
    または、ファイル名横の[...]ボタンからファイルを指定します。
  • XMP編集
    ドロップした画像ファイルにXMPデータが含まれている場合、その内容がXMLテキストボックスに表示されます。
    ここで適宜内容を編集します。
    尚、XMPのpacket宣言(<?xpacket begin="" id="W5M0MpCehiHzreSzNTczkc9d"?>)部分のタグは自動で付くので必要ありません。
  • 保存
    編集したXMPの内容をファイルに書き込む場合は[保存]ボタンを押します。
    隣の[上書き]チェックボックスにチェックを入れておくと、ファイル選択や上書き確認は行われず、ボタンを1クリックで上書き保存されるようになります。
    ※ファイル破損に備えて必ずバックアップファイルを作成してお使い下さい。

 

ダウンロード&インストール

XMPEditor.zip – Download

対象OSは Windows Vista以降
.NET Framework 4.5を利用しています。

インストール

ダウンロードしたファイルを適当なフォルダを作成して、そこに解凍して利用して下さい。

.NET Frameworkがインストールされていない場合は、事前にインストールしておいて下さい。
.NET Framework 4.5 – microsoft download center
(今時のPCなら知らないうちに入ってたりするので、この作業は不要)

アンインストール

インストール時に作成したフォルダを削除して下さい。
レジストリは利用しないように作ったつもりです。(もしかすると意図しない所で使われてしまっているかも)

 


公開日:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑