そうだ、Raspberry Pi用にピンヘッダーのオス・メス変換アダプタを作ろう

公開日: 電子工作 |

raspi-pin-header 

Raspberry PiのI/O端子は、ピンヘッダーとなっていて、電極が出っ張ってる。
これをブレッドボードで使う場合、オス・メスのジャンパーケーブルが必要になるのだけれど、僕は持っていない。
買えば良いのだろうけど、せっかくなので、ここは一つオス・メスの変換アダプターを作ってみることにした。

作り方は簡単

pin-socket-13x2
まず、13x2のピンソケット(ピンフレーム)を2つ用意する

pin-socket-13x2-2
2つを向かい合わせにして

pin-socket-13x2-3
ひっつけて、足同士を全部半田付け。

pin-socket-13x2-4
出来上がり!
1個50円のピンソケットを2つ繋ぎ合わせただけなので、100円でオス・メス変換アダプターが出来上がったよ!

 

raspi-pin-socket

Raspberry Piに取り付けるとこんな感じ。
ちょっと嵩が高いけど、値段は安い。

raspi-breadboard

これでRaspberryPi+ブレッドボードが使えるようになった!

関連記事

no image

S2 Resistor Color Code 公開しました。

このアプリは、抵抗のカラーコードから抵抗値を素早く見る為のAndroidアプリです。 4本帯と、5

記事を読む

no image

気になる物

HT-03Aで使えるのかどうかは知らないけど、Bluetooth-シリアルモジュール(BT-MOD1

記事を読む

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する(MicroBridge接続)

以前書いた、Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御するでは、AndroidとArduino

記事を読む

米粒AVT(tiny10) リモコンレシーバー

米粒AVRでリモコン受信処理

  米粒AVR(Tiny10)で赤外線リモコンを受信して処理をするサンプルを作ってみまし

記事を読む

Raspberry Pi 起動SDカード

Raspberry Piの起動SDカードを準備する

先日入手したRaspberry PiでLinuxを起動する為のSDカードを準備します。 Ras

記事を読む

Hello Tiny10

米粒AVRでI2C通信を使ってLCD表示

前の記事で紹介したI2Cライブラリを使った、LCDの表示のライブラリ的なもの  

記事を読む

no image

AndroidとArduinoの接続で使えそうなBluetoothモジュール

1ヶ月ほど前に書いた、Android + Bluetooth + Arduino が割と人気があるよ

記事を読む

no image

米粒AVRでシリアル通信(ただし送信だけ)

米粒AVR(ATtiny10)にUART機能は搭載されていないので、シリアル通信を行う為には自前

記事を読む

Androidで温度計

Androidで温度計(STTS751使用)

  Androidに温度センサー(STTS751)を繋いで温度表示してみました。 温度

記事を読む

no image

USBホストケーブルとUSBケーブルの違い

USBホストケーブル(OTGケーブル)と普通のUSBケーブルの違いは、USBホストケーブルとして振る

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑