Raspbianの起動SDカードを再利用

公開日: 電子工作 |

一度、Raspbianのイメージを書き込んだSDカードは、フォーマットが違う為にWindowsでは利用できません。RaspberryPiの起動SDカードを作るだけなら、何度もイメージを上書きすれば良いのですが、Windowsで利用しようとWindowsのエクスプローラーで再フォーマットをしても、パーティションが認識されていないようで効果がありません。

一度イメージを書き込んだSDカードはもうWindowsで使えないのか・・・そんなはず有りませんよね。

では、どうするか・・・

方法は色々有ると思うのですが、僕はSD Card AssociationのSD Card Formatterを使ってフォーマットする方法で、再利用しています。

SDFormatter

オプションは適当
『クイックフォーマット、論理サイズ調整OFF』でokでした。

raspi-sdcard-drive
Raspbianのイメージを書き込んだSDカード。
Windowsでは容量55.9MBのパーティションだけしか見えない。

raspi-sdcard-drive2
SDFormatterでフォーマットすると、SDカードの容量のパーティションに戻る。

参考リンク)

SD Card Formatter – SD Card Association

関連記事

no image

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)を作ってみた

最近、このブログ何も書いて無かったので、作成中の物の紹介・・・  これは、Andro

記事を読む

no image

米粒AVRでアナログ入力を試してみた

米粒AVR(ATtiny10)に搭載されている8ビット4チャンネルのアナログ入力を試してみました

記事を読む

Androidから米粒AVRへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと その2

前回は「米粒AVRからAndroidへデータを送る」ことを試しました。 今回はその逆の「And

記事を読む

ssh_connected

Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)

SSHを使って、Raspberry Piを外部PC(Windows)で操作する。

記事を読む

no image

Androidとオーブントースターを繋いでみた

Android端末とオーブントースターを、Arduino+USBホストシールドで作ったADKっぽい奴

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを取り付けて温湿度データロガーを

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

no image

USBホストケーブルとUSBケーブルの違い

USBホストケーブル(OTGケーブル)と普通のUSBケーブルの違いは、USBホストケーブルとして振る

記事を読む

no image

Bimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for Arduinoの最後で予告していた、Wimeji c

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)

先日、MicrochipからPIC向けのAndroid Open Accessoryのライブラリが公

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑