SoundIRModemライブラリのサンプル

 SoundIRModemライブラリは、米粒AVR(Tiny10)とAndroid端末をイヤフォン端子を使って繋ぐためのAndroid向けのJavaライブラリです。

前回・前々回と「米粒AVRでSoftModem的なこと」と題して、Androidから米粒AVRへ米粒AVRからAndroidへとデータの転送を試して見ましたが、これらの試みをアプリで簡単に利用できるようにたのがSoundIRModemライブラリです。

今回は、SoundIRModemライブラリのサンプルを公開したいと思います。

サンプル・アプリのダウンロード

APK

SoundIRModemSample.apk

 

ソース

SoundIRModemSample_source.zip

 

サンプルアプリについて

このサンプルアプリは、「米粒AVRでSoftModem的なこと」「米粒AVRでSoftModem的なこと その2」で使ったデバイス(回路)をコントロールするサンプルです。
また、送信用のデバイス・受信用のデバイスは、米粒AVRのピン数の制約でどうしても別々になってしまう。

メイン画面

スクリーンショット1 

設定画面

スクリーンショット3

サンプルの設定は、SoundIR Analyzerを使って、予めSoundIR Analyzerで正しく受信&フォーマット解析出来ることを確認の上、それと同じになるように設定する。

 

Androidから米粒AVRへ

LED1ボタン、またはLED2ボタンを押すと、「米粒AVRでSoftModem的なこと その2」のデバイスのLED1・LED2を点灯・消灯させることができる。

ソースで言うとMainActivity.javaの110行あたりで処理を行っている。

public void onClick(View arg0)<br />
{<br />
    int id = arg0.getId();<br />
    if(id==R.id.btn_led1)<br />
    {<br />
        soundIR.transmit(new byte[]{ 0x01, 0x00, 0x00, 0x01 });<br />
    }<br />
    else if(id==R.id.btn_led2)<br />
    {<br />
        soundIR.transmit(new byte[]{ 0x01, 0x00, 0x00, 0x02 });<br />
    }<br />
}<br />

 

 

米粒AVRからAndroidへ

米粒AVRでSoftModem的なこと」のデバイスのボタンを押すと、受信したデータが画面に表示される。

スクリーンショット2 

 ソースで言うとMainActivity.javaの124行あたりで処理を行っている。

<br />
public void onReceivedSoundIRModem(Byte[] data, int bitCount)<br />
{<br />
    String str="";<br />
    for(byte code : data)<br />
    {<br />
        if(!"".equals(str))    str+=",";<br />
        str+=String.format("%02X", code);<br />
    }<br />
    //Toast.makeText(this, "data:"+str+"\nbitCount:"+bitCount, Toast.LENGTH_SHORT).show();<br />
    Log.e("onReceivedSoundIRModem","data:"+str+" bitCount:"+bitCount);<br />
        <br />
    tvReceiveList.append("data:"+str+" bitCount:"+bitCount+"\r\n");<br />
}<br />

 

以上、
ライブラリの使い方についてはSoundIRModemライブラリをご覧下さい。

 

関連記事

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する

またSoftModemネタです。 調子に乗って arms22さんの記事 iPhoneで一眼レフカメ

記事を読む

no image

PICでMicroBridgeをやってみた

今回は、@yishiiさんが公開されている、PIC24FJ64GB002用のMicroBridgeソ

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー

Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを取り付けて温湿度データロガーを

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その2)

 前回「PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)」では回路の説明までしたので、

記事を読む

no image

USBホストケーブルとUSBケーブルの違い

USBホストケーブル(OTGケーブル)と普通のUSBケーブルの違いは、USBホストケーブルとして振る

記事を読む

SDFormatter

Raspbianの起動SDカードを再利用

一度、Raspbianのイメージを書き込んだSDカードは、フォーマットが違う為にWindowsでは利

記事を読む

soundIR 受信機 回路図

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)の回路

  前回からだいぶと時間が経ってしまっていますが、今回はイヤホンジャック接続のリモコン受

記事を読む

no image

S2 Resistor Color Code 公開しました。

このアプリは、抵抗のカラーコードから抵抗値を素早く見る為のAndroidアプリです。 4本帯と、5

記事を読む

Androidから米粒AVRへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと その2

前回は「米粒AVRからAndroidへデータを送る」ことを試しました。 今回はその逆の「And

記事を読む

Raspberry Pi - Ethernet

Raspberry Pi インターネット接続

Raspberry Piをインターネットに接続してみた。 有線で接続(Ethern

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑