SoundIRModemライブラリのサンプル

 SoundIRModemライブラリは、米粒AVR(Tiny10)とAndroid端末をイヤフォン端子を使って繋ぐためのAndroid向けのJavaライブラリです。

前回・前々回と「米粒AVRでSoftModem的なこと」と題して、Androidから米粒AVRへ米粒AVRからAndroidへとデータの転送を試して見ましたが、これらの試みをアプリで簡単に利用できるようにたのがSoundIRModemライブラリです。

今回は、SoundIRModemライブラリのサンプルを公開したいと思います。

サンプル・アプリのダウンロード

APK

SoundIRModemSample.apk

 

ソース

SoundIRModemSample_source.zip

 

サンプルアプリについて

このサンプルアプリは、「米粒AVRでSoftModem的なこと」「米粒AVRでSoftModem的なこと その2」で使ったデバイス(回路)をコントロールするサンプルです。
また、送信用のデバイス・受信用のデバイスは、米粒AVRのピン数の制約でどうしても別々になってしまう。

メイン画面

スクリーンショット1 

設定画面

スクリーンショット3

サンプルの設定は、SoundIR Analyzerを使って、予めSoundIR Analyzerで正しく受信&フォーマット解析出来ることを確認の上、それと同じになるように設定する。

 

Androidから米粒AVRへ

LED1ボタン、またはLED2ボタンを押すと、「米粒AVRでSoftModem的なこと その2」のデバイスのLED1・LED2を点灯・消灯させることができる。

ソースで言うとMainActivity.javaの110行あたりで処理を行っている。

public void onClick(View arg0)<br />
{<br />
    int id = arg0.getId();<br />
    if(id==R.id.btn_led1)<br />
    {<br />
        soundIR.transmit(new byte[]{ 0x01, 0x00, 0x00, 0x01 });<br />
    }<br />
    else if(id==R.id.btn_led2)<br />
    {<br />
        soundIR.transmit(new byte[]{ 0x01, 0x00, 0x00, 0x02 });<br />
    }<br />
}<br />

 

 

米粒AVRからAndroidへ

米粒AVRでSoftModem的なこと」のデバイスのボタンを押すと、受信したデータが画面に表示される。

スクリーンショット2 

 ソースで言うとMainActivity.javaの124行あたりで処理を行っている。

<br />
public void onReceivedSoundIRModem(Byte[] data, int bitCount)<br />
{<br />
    String str="";<br />
    for(byte code : data)<br />
    {<br />
        if(!"".equals(str))    str+=",";<br />
        str+=String.format("%02X", code);<br />
    }<br />
    //Toast.makeText(this, "data:"+str+"\nbitCount:"+bitCount, Toast.LENGTH_SHORT).show();<br />
    Log.e("onReceivedSoundIRModem","data:"+str+" bitCount:"+bitCount);<br />
        <br />
    tvReceiveList.append("data:"+str+" bitCount:"+bitCount+"\r\n");<br />
}<br />

 

以上、
ライブラリの使い方についてはSoundIRModemライブラリをご覧下さい。

 

関連記事

ssh_connected

Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)

SSHを使って、Raspberry Piを外部PC(Windows)で操作する。

記事を読む

no image

米粒AVRのEAGLEライブラリ

EAGLEを使って米粒AVR(ATtiny10)の回路図を書こうと思ったら何か様子がおかしい。

記事を読む

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する

またSoftModemネタです。 調子に乗って arms22さんの記事 iPhoneで一眼レフカメ

記事を読む

no image

Android + Arduino でリモコン

今こんなのを作ってますと言う動画です。   DoCoMoのFOMA携帯

記事を読む

soundIR 送信機

赤外線リモコン送信機(イヤホンジャック接続)の回路

前回は受信機で、今回は送信機を作ってみました。 受信機と違って、送信機の作成は少し面倒です。

記事を読む

Androidから米粒AVRへデータを送る

米粒AVRでSoftModem的なこと その2

前回は「米粒AVRからAndroidへデータを送る」ことを試しました。 今回はその逆の「And

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

no image

Android+Arduinoでリモコン3 その1(AndroidAccessory接続)

何度か、Android+リモコンのネタを書いたことがあるのですが、今回はAndroid Access

記事を読む

米粒AVT(tiny10) リモコンレシーバー

米粒AVRでリモコン受信処理

  米粒AVR(Tiny10)で赤外線リモコンを受信して処理をするサンプルを作ってみまし

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その2)

 前回「PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)」では回路の説明までしたので、

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑