赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)のアプリ

S2 SoundIR analyzer

 前回の赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)の回路 を使う為のAndroidアプリの紹介です。

 

インストール

GooglePlayにアップしました。

Get
Get it on Google Play

 

使い方

soundIR スクリーンショット1
当アプリは、ランドスケープ(横画面)専用です。
起動直後にはこのような波形表示の画面が表示されます。
上部の灰色の部分は、受信した波形を表示するビューです。
その下にある2つのスライダーは、右(小)は倍率、左(大)は表示位置。

 

リモコン受信方法

soundIR スクリーンショット2
受信開始ボタンを押すと、画面には受信待機中のダイアログが表示されます。
この状態の時に、受信回路に向けてリモコンを送信してください。

送信LED・受信LEDをくっつける
リモコンを送信するときは、 リモコン側の送信LED、受信回路側の受信LEDをくっつけた状態で、リモコンボタンを押してください。

soundIR スクリーンショット3
受信が正しく行われると、画面に波形が表示されます。
上部の波形(水色)は、生データ(マイク入力からの受信データをそのまま)を表示しています。
下部の波形(緑色)は、生データを基にデジタル化したデータを表示しています。

受信失敗例

soundIR スクリーンショット6
デジタルデータが正しく表示されていない場合、受信失敗です。
上の画像は、受信LVが低く正しくデジタルデータ化できていない状態です。

 

フォーマットの解析結果を見る

soundIR スクリーンショット4
正しくリモコンが受信できた後、フォーマット解析ボタンを押すと、iアプリやシャープのリモコンAPIで使えるフォーマットの解析結果の画面にきりかわります。
※但し、対応しているのはNECフォーマット(家電協会フォーマット?)・Sonyフォーマットのみです。
左はHigh/Lowの時間データの詳細、右にフォーマットデータ。

 

信号データの読み込み・保存・クリア

soundIR スクリーンショット5
波形表示の画面で、メニューボタンを押すと、「読込 」「保存」「クリア」を選びます。
「保存」「読込」では、SDカードへwav形式のファイルとして保存と読込ができます。
※注意・他のアプリで作成した wavファイルを読み込まないで下さい。

 

対応端末

このアプリ・回路は、IS05、GalaxyNexus、XOOM、NexusOneで動作を確認しています。
ROMは全て公式ROMで、カスタムROMでは動作しないと思います。

その他の機種で動かない場合は、このアプリで保存したwavデータを送って頂けると対応できるかもしれません。

 

関連記事

vlc_media_player

Raspberry Piのサウンドを試したら音が出なかった話

(これはX-WindowのVLCメディアプレイヤーのスクショ) Raspberry Piでは、

記事を読む

no image

Android Open Accessory開発時のWiFiデバッグ

Android Open Accessory開発時のデバッグは、ADBをWiFiで接続しろと、USB

記事を読む

no image

AVRISPmk2

米粒AVR(ATtiny10)のプログラム書き込み用にAVRISPmk2を購入しました。 先人

記事を読む

raspi-pin-header

そうだ、Raspberry Pi用にピンヘッダーのオス・メス変換アダプタを作ろう

  Raspberry PiのI/O端子は、ピンヘッダーとなっていて、電極が出っ張ってる

記事を読む

no image

米粒AVRでLチカ

  米粒AVR(ATtiny10)でLチカしてみました。 LチカとはLEDをチカチカと

記事を読む

thermometer overlay

パソコンで温度計 #4

前回までに作ったPC温度計のログデータを、計測と同時に撮影した映像にオーバーレイ表示(スーパーイ

記事を読む

no image

ボツネタ~CAN的な何か

少し前に必死になって作ってたデバイス+アプリですが、気持ちが萎えてしまい、結果ボツと

記事を読む

ssh_connected

Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)

SSHを使って、Raspberry Piを外部PC(Windows)で操作する。

記事を読む

raspi-colortest

Raspbianの起動

Raspbianの起動画面をキャプチャしてみた。 SDカードにイメージを書き込んだままのデフォ

記事を読む

no image

Bimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for Arduinoの最後で予告していた、Wimeji c

記事を読む

Comment (26件)

  1. りんりん

    SoundIR Analyzer使ってみました。
    ヘッドセット用4極ミニジャックが汎用入出力ポートとなり、学習リモコンが簡単に作れそう。
    すばらしいです。
    要望:
    1.極性反転機能
     受信感度上げるため赤外線受光素子で制作。
     無入力時は’Hi’が一般的と思われますがソニーを
     入力するとNECフォーマットと認識されました。
     理論を反転するオプションがあればいいです。
    2.データ順序反転機能
     他の解析ソフトではLSBファーストが多い?ので
     8bit単位のLSBファーストを望みます。

    素晴らしい取り組みなので応援させて頂きます。

    1. Futaba

      コメントありがとうございます。

      極性反転機能につきましては、いずれ実装したいと思います。

      データ順序反転機能につきまして、これは単純にLSB・MSBの順番を入れ替えれば良いのでしょうか?
      ちなみに、りんりんさんのお使いになっている「他の解析ソフト」は教えて頂けますか?

  2. りんりん

    返信ありがとうございます。
    極性反転機能の件、実装を気長にお待ちします。
    データ順序の件、今まで私が使ってきたソフトは全てLSBファーストでした。

    ■解析結果例(HEX):
    SONY TV on/off A9,00 ⇒ 95,00(LSB fast)

    ■使っている解析ソフト:
    ・TOMCAT様
     PICマルチメーカー対応赤外線リモコンコード解析器
    ・BitTradeOne様
     USB接続赤外線リモコンキット
    ・TeamKNOx様
     GB-REM(ゲームボーイカラー版)
    ・書籍「PIC応用装置」赤外線解析リモコン(鈴木哲哉様)

    可能でしたら表示の切り替えを実装して頂けると助かります。
    よろしくお願いします。

      1. りんりん

        そういえば一度だけMSB firstを使った事を思い出しました。
        iモードアプリ製作で赤外線リモコンAPIの引数がMSB first、MSB⇔LSB変換ルーチンを実装して対応しました。

    1. Futaba

      返信ありがとうございます。
      先ほど、新しいバージョン 1.2.0をアップしました。

      極性反転機能につきまして、
      このバージョンでは、メニューボタンを押すと、「設定」の項目が選べるようになっています。
      一番上にある「自動設定を使う」のチェックを外して、「位相反転(受信)」にチェックを入れることで、極性反転機能が有効になるはずです。

      データ順序反転機能につきまして、とりあえず、結果表示にLSBファーストも同時に表示するようにしてみました。
      各バイトのビットの並びを反転しただけの物ですが、この認識で合っていますか?

      LSBファーストの解析ソフトって沢山あるんですね。
      自作の物ばかり使っていたので、知りませんでした。
      勉強の為、他のソフトも試してみたいと思います。
      教えて頂きありがとうございました。

      1. りんりん

        早速ご対応して頂けるとは、感謝です!!!
        確認したこと:
        ・メニュー⇒設定の項目が見えません
         私の操作が間違っているのでしょうか?
        ・Lengthが1つ減りました
        例)SONY 12,15,20 ⇒11,14,19 (bit)
        ・↑その関係か、最後のバイトが合っていません

        もしよろしければメールで詳細確認させて頂きましょうか?

        タブレットで波形が見えて、とても気に入ったソフトなので応援したいです。
        よろしくお願いします。

        1. Futaba

          ろくに確認せずにアップしたので、設定の項目が見えないままになっていました。ごめんなさい。
          Ver 1.2.1をアップしましたので、この件は解決していると思います。

          Lengthが1つ減ったと言うのが、ちょっと分からないのですが、
          ソニーのフォーマットで、本来12ビットのものが11ビットと、1ビット少なく認識されると言うことでしょうか?

          1. りんりん

            極性反転機能追加の件、設定メニューで確認しました。早速のご対応に感謝です!
            データ、データ長の件はややこしいので実例を挙げて2~3日中に別途相談させて頂きます。
            よろしくお願いいたします。

            1. Futaba

              メール拝見しました。
              ご教授頂きありがとうございます。
              先ほどアップしました、ver1.2.2で修正できたのではないかと思います。
              また、お暇な時にでもお試し下さい。
              よろしくお願い致します。

              1. りんりん

                SONYフォーマット解析、大丈夫みたいです。
                念のためもう少し確認続けます。
                迅速なご対応ありがとうございました。
                無理なさらず、すばらしい開発を続けてください。

                1. Futaba

                  ご確認頂きありがとうございます。
                  また何かありましたら、ご指摘下さい。
                  よろしくお願い致します。

  3. HAL

    はじめまして

    大変興味深くブログを拝見いたしました。

    電子回路等にはあまり明るくありませんが、このブログ
    にある受信機を作成、アプリもダウンロードして使ってみました。

    そこで一点質問なのですが、受信機で取得した音声データ
    を、
    最近よくあるLEDを二つイヤホンジャックに直づけするような、簡易的な送信の機器でも利用することはできますでしょうか(カメラのリモコンとしてよく使われているようです)?

    試してみたのですが、動かなかったのでやはりこのブログで公開されている専用の送信機が必要なのでしょうか?

    何卒宜しくお願いいたします。

    1. Futaba

      コメントありがとうございます。

      このアプリで作成したデータは、LEDを直付け用のデータとは異なったデータとなります。
      ですので、送信するには僕が公開しているような送信機が必要となります。

      ちなみに、僕もLED直付けでなんとか使えないか試行錯誤したのですが、残念ながら僕の知識では無理でした。

      ちなみにHALさんは、LED直付けでカメラのリモコンとして実際に使えたアプリはありますか?
      他にも何か参考になる情報があれば教えて頂ければと思います。
      よろしくお願い致します。

  4. HAL

    ご返信ありがとうございました。

    ご連絡おそくなりもうしわけありません…。

    専用機器が必要なのですね。

    音声信号でリモコンを実現するアプリはいくつかあるよう
    ですが、やはり専用の機器を購入してそのシリアルナンバー
    を入力して利用するようなものが多いようです。

    1. Futaba

      シリアルナンバーまで求められるのですか。
      それだと気軽に試してみるということは出来そうもありませんね。

      どうも、有難うございました。

  5. 横田

    当方もIS05を保有しており、早速ブレッドボードで組んで、IS05にインストールしようとしたら、2.3.4のせいか「対応していません」となります。
    (こちらはQRコードをカメラで読み取ってマーケットアプリからアクセス)

    s2jp.comをブラウザで開いてリンクでgoogle play サイトを開いた場合は、(ブラウザのレイヤー処理がおかしくて難儀しますが)インストールできたようなのですが、アプリホーム一覧には出て来ないです。

    普通のメジャーアップデートで、カスタムROMでもないと思うのですが、なんででしょうねえ?(ベースバンドは01.01.04)
    折角のアプリなので他のandroid端末も調達してみますね。

    1. Futaba

      コメントありがとうございます。

      謎の現象ですね。
      アプリのマニフェストではAndroid 1.6~4.2に設定しているので、2.3.4でDL出来ないのは原因がよくわかりません。
      なんならAPKファイル送りましょうか?

  6. 横田

    お手数かけますが、apkファイルの送付、よろしくお願いします。
    sk17aでちょこちょこ遣っていたので少々心得はあると思います。

    1. Futaba

      今朝方、コメント書き込み時に入力して頂いたメールアドレス宛にお送りしました。
      ご確認ください。

      1. 横田

        早朝にありがとうございました。
        usbドライバのインストールに手間取りましたが、インストールできました。

        カーナビ専用のチューナ(NVP-DTA12)のリモコン(NVP-RDTV9)の電源信号を読ませたところ、NECフォーマットと判明。
        ナビ本体の操作がメインのマルチリモコンのNVP-RDTV1は、なぜかOverflowでした^_^;

        DVDプレーヤーのEverGreenのP200CもNECでした。

        余談ですが手持ちに1μマイラがなく、試しに0.1μを用いましたが、読み取ってくれました。抵抗も400k→470k、2k→2.2kで代用でした。

        1. 横田

          続報?です。
          こちらもUSBキャップを流用して収納しました。

          IS05を充電しながらだとOverflowを起こしやすいようです?

          NVP-RDTV1は、長押しせず、軽く押して短く発光するようにしたところ、取り込んでNECと認識しました。

  7. K

    私もandroidでのエアコンリモコンのコントロールを試みており、このサイトは大変参考になっております。少し前ですがLED直付けが話題に挙がっていたので情報共有します。

    調べたところLED直付けタイプはiPhoneでよくみられますが、android端末は一般的に出力が弱く、同じ方法ではリモコン信号を出力できないようです。私はマイコンプログラミングができないため何か他に手はないかと探したところ、海外製品ですがIrdroidというものが見つかりました。どうやら38kHzの音声信号をLM386で増幅してLEDを光らせているようです。試しに他の増幅用ICを使って38KHzの音声信号を入れてみたら、ちゃんとエアコン本体からリモコン信号として認識されました。

    FutabaさんのSoundIR Analyzerからこの形式のwavファイルが出力できると大変助かります。もしまだ開発継続されているようであればご検討いただけないでしょうか。

    1. Futaba

      情報ありがとうございます。
      iPhoneとAndroidとでは音声出力の強さが違うのですね。
      私も色々試してみたのですが、どうしてもLEDが光らすことが出来ず断念してました。
      Irdroidと言うアプリも便利そうですね。
      今度時間のある時に試してみたいと思います。

  8. HITA

    はじめまして、このサイトを参考に受信回路を作り、古いAndroidスマホにインストールして非常~~~に活躍しております。早速ですがお願いがございます。
    Android4.42以降でも使えるようにしていただけると助かります。

  9. nitanori

    私からもAndroid4.2.2以降でダウンロードできるように対応を望みます。よろしくお願いいたします。

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑