米粒AVR(ATtiny10)

公開日: 電子工作 |

tiny10
通称「米粒AVR」で知られるTiny10を使ってみたくて、秋月の通販で買ってみました。
超小型AVRマイコン ATtiny10 米粒AVR (10個入り)

 

tiny10 パッケージ
10個450円
写真では分かり難いですが、ラベルが若干色あせてる気がします。
あまり売れてないのだろうか・・・

 

tiny10 モジュール化
米粒のままでは使いにくいので、SOT変換基盤に乗せました。
ピンのピッチは1mmに満たない0.95mmで、半田付けは結構難しい。
秋月では実装済みのモジュールも売られている。

 

tiny10 モジュール裏面
変換基盤の裏面は、SMDのランドが9つあり、ちょうど良いのでパスコンをつけました。
変換基盤の足の間隔は、通常のICソケットの300mil(7.6mm)より狭い7mmとなっているので、分かりづらいですが若干開き気味になっています。
これで、ブレッドボードや、ICソケットにも差して使えます。

 

tiny10と米粒
米粒AVRと言うので、実際に米粒と比べてみました。
こうして見てみると、米粒より一回り小さい感じがします。

 

tiny10とごま粒
それならばと、ごま粒と比べてみました。
うん、こっちのほうが大きさが近い気がする。
(ってか、ごまってよく見ると気持ち悪いですね・・・おえっ)
 

 

tiny10と米粒とごま粒
と言う訳で、みなさん、これからはATtiny10のことを「ごま粒AVR」と呼びましょう。

 

関連記事

no image

AndroidとArduinoの接続で使えそうなBluetoothモジュール

1ヶ月ほど前に書いた、Android + Bluetooth + Arduino が割と人気があるよ

記事を読む

Hello Tiny10

米粒AVRでI2C通信を使ってLCD表示

前の記事で紹介したI2Cライブラリを使った、LCDの表示のライブラリ的なもの  

記事を読む

raspi-colortest

Raspbianの起動

Raspbianの起動画面をキャプチャしてみた。 SDカードにイメージを書き込んだままのデフォ

記事を読む

Arduinoで温湿度計

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前「パソコンで温度計」と言うもの

記事を読む

no image

米粒AVRのEAGLEライブラリ

EAGLEを使って米粒AVR(ATtiny10)の回路図を書こうと思ったら何か様子がおかしい。

記事を読む

米粒AVT(tiny10) リモコンレシーバー

米粒AVRでリモコン受信処理

  米粒AVR(Tiny10)で赤外線リモコンを受信して処理をするサンプルを作ってみまし

記事を読む

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する(MicroBridge接続)

以前書いた、Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御するでは、AndroidとArduino

記事を読む

no image

AndroidでSoftModemを試してみた

今回、ここで言うSoftModemとは、携帯電話のオーディオ端子(イヤホン・マイク端子)を利用し

記事を読む

熱湯の温度計測実験

パソコンで温度計 #3

今回は、I2C接続の温度センサー STTS751をケーブルを使ってArduinoに接続できるよう

記事を読む

秋月電子 キャラクタLCD

秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、ちょっと比較してみる。 買っ

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑