Atmel Studio 6

公開日: 電子工作 | ,

Atmel Studio

米粒AVR(ATtiny10)の開発を行う為に、Atmel Studio 6.0をインストールしました。
以前は、名前がAVR Studioだったようですが、6.0からAtmel Studioとなったようです。
AVR Studioは使ったことが無いので、名前以外の違いは良く分かりません。

Atmel Studio 6は、Visual Studio がベースとなっているので、VSを使ったことのある人なら、なんとなくの勘で使えると思います。
まだ少ししか使ってなくて間違ってるかもしれませんが、自分用の覚え書きも兼ねて、簡単に使い方を紹介したいと思います。

 ダウンロード

Atmel Studio ダウンロードページ
ダウンロード Atmel Studio 6 – Atmel Corporation

実は、ダウンロードのページは↑なのですが、ダウンロードのリンクの場所が分からず、Atmelのサイト内を右往左往して無駄な時間を費やしました。

Atmel Studio ダウンロードボタン

正解は、このRegisterボタン。
これがダウンロードのためのリンクとなっています。
表示がRegisterとなっている通り、ダウンロードするためには名前やらメアドやらを入力する必要があります。

 

インストール

インストールはとにかく「次へ」を連打する簡単なお仕事。
時々、acceptにチェック

 

プロジェクト作成

メニューから [File] [New][Project] で、プロジェクト作成ダイアログを開く。

 Atmel Studio - New Project

Recent Templatesは、C/C++ を選び、GCC C Executable Project か、もしくは GCC C++ Executable Project のどちらかを指定する。Cで組むか、C++で組むかの違い。

下の、Name:Location:Solution name: をそれぞれ適宜入力して [OK]

 

Atmel Studio - Device Selection

次に、目的のデバイスを選らんで [OK]

そうすると、プロジェクトが作成される。
テンプレートで、main()関数が定義されただけの以下の様なソースファイルが出来上がるので、これをベースにプログラムを組めば良い。

/*<br />
 * tiny10test.c<br />
 *<br />
 * Created: ****/**/** **:**:**<br />
 *  Author: futaba<br />
 */ <br />
<br />
<br />
#include <avr/io.h><br />
<br />
int main(void)<br />
{<br />
    while(1)<br />
    {<br />
        //TODO:: Please write your application code <br />
    }<br />
}

 

ビルド

CもしくはC++のソースから、HEXファイルを作るのがビルド

メニューから [Build][Build Solution] でプログラムをビルドします。

Atmel Studio - Output
Outputにはビルド中のログが流れます。
先のテンプレートをそのままビルドするとこんなかんじ。
62バイトのプログラムに仕上がったようです。

 

AVRへの書き込み

ビルドしたHEXファイルを AVRに書き込む。

書き込むターゲットとなるAVRとAVRISPmk2を繋いで書き込める状態にしておき、さらにAVRISPmk2をPCに繋いだ状態にしておく。
※AVRISPmk2をAtmel Studio で初めて使う時に、ファームウェアのアップグレードを促される。何度でも[Upgrade]ボタンが押せるので、ファームウェアのアップグレードが成功したのか失敗したのか分かりづらいので注意。

次にメニューから [Tools] → [Device Programming] で、Device Programing ダイアログを開く。
 

Atmel Studio - Device Programming 1

ToolDeviceInterfaceを確認して、[Apply]

Atmel Studio - Device Programming 3

左の項目から、Memories を選ぶ。
右のFlashに、先ほどのビルドで出来上がったHEXファイルを指定して、[Program]

問題が無ければ、AVRISPmk2のLEDが数回点滅して終わる。

 

プログラム・ライターの指定

あらかじめ、プロジェクトで使うAVRISPmk2を指定しておくと、ビルドから書き込みまで1クリックで行える。

メニューから [Project] → [プロジェクト名 + Properties...] で、プロジェクトのプロパティページを開く。

左の項目から、Toolを選び、Selected Debbuger/programmer で、AVRISPmk2を指定する。
Programing settingsErace entire chip を指定する。

 

Atmel Studio - Start Without Debugging

これで、[Start Without Debugging]ボタンをクリックするだけで、ビルドから書き込みまで行われます。
 

 

関連記事

thermometer overlay

パソコンで温度計 #4

前回までに作ったPC温度計のログデータを、計測と同時に撮影した映像にオーバーレイ表示(スーパーイ

記事を読む

no image

Bimeji Client for Arduino

前回紹介したWimeji Client for Arduinoの最後で予告していた、Wimeji c

記事を読む

Raspberry Pi - Ethernet

Raspberry Pi インターネット接続

Raspberry Piをインターネットに接続してみた。 有線で接続(Ethern

記事を読む

Arduinoで温湿度計

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前「パソコンで温度計」と言うもの

記事を読む

Raspberry Pi

Raspberry Piを買った

先日、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を買いました。 Raspberry Piは噂で

記事を読む

no image

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)を作ってみた

最近、このブログ何も書いて無かったので、作成中の物の紹介・・・  これは、Andro

記事を読む

no image

PICでMicroBridgeをやってみた

今回は、@yishiiさんが公開されている、PIC24FJ64GB002用のMicroBridgeソ

記事を読む

米粒AVR リモコン

米粒AVRでリモコン送信機

米粒AVR(tiny10)を使った赤外線リモコン送信機を作ってみました。 これで送信できるのは

記事を読む

no image

AVRISPmk2

米粒AVR(ATtiny10)のプログラム書き込み用にAVRISPmk2を購入しました。 先人

記事を読む

no image

米粒AVR(ATtiny10)

通称「米粒AVR」で知られるTiny10を使ってみたくて、秋月の通販で買ってみました。 超小型

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑