HDMI出力をキャプチャーしてみた

公開日: 未分類 | , ,

AndroidのHDMI出力を、動画としてキャプチャーしてみました。

比較用に、HDMI出力をそのままと、HDMIをコンポジット(S端子)に変換した物、2種類のキャプチャーを試してみました。

Dead Space – HDMI(720p) 

Dead Space – コンポジット

Minecraft PE – HDMI(720p)

Minecraft PE – コンポジット

 

ゲームの紹介

今回、適当なサンプルを思いつかなかったので、ゲームのプレイ画面を使いました。

Dead Space

Dead Space ICON
http://play.google.com/store/apps/details?id=com.ea.deadspace_na

PCの洋ゲーとしては、お馴染みデッドスペース。(700円)
PC版は日本未発売ですが、Android版は日本でも購入可能です。しかも、日本語字幕対応!
しかし、このゲームの動作にはそれなりのスペックが必要なようで、欲しいと思った方は先ずGooglePlayのユーザーレビューで自分の端末の不具合報告が無いかチェックした方が良さそうです。

Minecraft Pocket Edition

Minecraft ICON
http://play.google.com/store/apps/details?id=com.mojang.minecraftpe

これもPCのゲームとしてはお馴染みのマインクラフト。(540円)
しかし、Android版はまだまだalphaバージョンで、PC版のように遊べるようになるのは相当先のようです。
サバイバルモードや動くMOBが追加されたのはつい1ヶ月ほど前の話、しかもそれ以降更新は止まってる・・・とりあえずクラフトテーブル実装して欲しい><
ちなみに、IS05では Ver 0.2.1 alpha、GalaxyNexusとXOOMでは Ver 0.2.2 alpha と、端末に依って降ってくるバージョンが違うようです。

動画の作成は、Dead SpaceはXOOMで、マイクラはIS05で使いました。 IS05ではDead Space動かないので><

 

使った機材

ドリキャプ DC-HC1

HDMIのキャプチャーボード。(約9000円程)
AndroidのHDMI出力には、HDCPが掛けられているので、まともなキャプチャーボードではキャプチャー出来ない。つまり、このDC-HC1はまともでは無いと言うことで(ry

LKV381

HDMIからコンポジットに変換するためのアダプター。(約5000円程)
コンポジット変換時には、16:9の画像が4:3に変換して出力されるので、アップした動画は編集ソフトでアスペクト比を変換しています。
利用中の発熱が激しい。

エアリア 美男子の捕獲術 エントリーモデル 

コンポジットのUSBキャプチャーケーブル。(約1500円程)
安いだけあって残念な画質。 DVDサイズ(720×480)でキャプチャーができるけれど、DVD画質には程遠い・・・
なんせエントリーモデルなので、この画質がこのケーブルの仕様なんだと思います。

アマレコTV

キャプチャーソフト。(一部シェアウェアで1260円 ※無料で使うことも可)
DC-HC1に付属のキャプチャーソフトは、何度やっても立ち上がらないので、仕方なくアマレコTVを購入。
このソフト、画面を回転させてキャプチャーすることも出来るようなので、Galaxy Nexusの縦画面アプリのキャプチャーにも便利かも。 ただ、アスペクト比はプレビューで変更できてもキャプチャー結果に反映されないのが残念。

 

最後に

HDMIをそのままキャプチャーできる DC-HC1は画質はとても良いのですが、長時間PCを使っていると謎のフリーズやブルースクリーンが頻発するようになっちゃいました。 PCとの相性が有るのかな・・・使え無くは無いのですが、とりあえず今はボードを外しています。

コンポジットに変換してのキャプチャーは、安物のキャプチャーケーブルを使ったのがまずかった。
PCの動作は安定しているものの画質が残念すぎるので×・・・ニコ生とかのゲーム実況程度なら、これで十分かも。
ケチらずもう少し高い物を買えば良かったかなと思います。
ちなみに、LKV381を直接TVに繋ぐと、アップした動画よりもう少し鮮明に映ります。

と言う訳で、もう少しキレイな画像を安定してキャプチャーできないか、引き続き模索して行こうと思います。

 

関連記事

miix2 microUSB端子

Miix28とOTGケーブルと充電と

Miix28にはmicroUSBのコネクタが1つだけ有ります。 このコネクタは充電用と外部機器

記事を読む

no image

XOOMにAndroid 3.2 がやって来た

数日前から、僕のXOOMにはOTAによるシステムアップデートの通知が来ていたのですが、アプリを作って

記事を読む

no image

SmartQ5 ファームウェア更新

Smart Q5 購入後、最初にやらないといけないのはファームウェアの更新だそうで、スタートアップガ

記事を読む

no image

AVDの起動が遅い その3

以前購入した、アンドロイドの開発本「Google Android アプリ開発ガイド」によると、

記事を読む

Miix2 8

Miix2 8 を買った

先日、以前から気になっていたLenovo Miix2 8を購入しました。 欲しいなと思って色々

記事を読む

no image

MB200のエミュレータを試す

前回の投稿時と同様、カレンダーウィジェットの「2.0で動かないよ」メールの対策の為に、MOTOROL

記事を読む

no image

Androidでテザリング

僕はテザリングと言う言葉を知らなかったのですが、どうやら前回書いた Android をモデム代わりに

記事を読む

no image

ソニエリのandroidはDoCoMoから

以前から噂されているソニーエリクソン社のアンドロイド携帯だけれども、どうやらドコモから来年初めに発売

記事を読む

no image

SmartQ5 新ファームウェアでCalendar Widget

日付が変わるより少し前に、SmartQ5の新ファームウェアの12/1版がアップされたようです。

記事を読む

no image

IIJ mio 高速モバイル/D

思うところあって、IIJ mio 高速モバイル/Dを申し込んでみました。 プランは「ミニマムスター

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑