Galaxy NexusのHDMI出力を試してみた

公開日: 未分類 | , ,

Galaxy NexusからTVへHDMIで出力中

前前回の「IS05のHDMI出力を試してみた」、前回の「XOOMのHDMI出力を試してみた」に続き、今回はGalaxy NexusのHDMI出力を試してみました。

とりあえずまとめとして(追記2012/4/7)

  IS05 XOOM GNexus
HDMIコネクタ microHDMI端子 microHDMI端子 microUSB
(要MHLアダプタ)
出力サイズ 720p/1080p? 720p 720p
HDCP 有効 有効 有効
縦画面対応  × ×
全画面出力 ステータス部分が切れる
HDMI中の制限 ワンセグ×
カメラ×
赤外線×
特に無し 特に無し
       

 

Galaxy NexusのHDMI出力コネクタ

Galaxy Nexusの本体にはHDMIのコネクタは搭載されていないのですが、Galaxy NexusはMHLに対応しているので、microUSB端子からHDMIに変換するアダプタを使うことでHDMI出力が可能となります。
この変換アダプタは、安いものでは千数百円で売られています。

今回は、iBUFFALO BSMPC09BKを使用しました。

※注意1 – 電源問題

この変換アダプタの場合、端末によっては外部電源が必要で、このアダプタには電源供給用のmicroUSBコネクタが装備されています。

Galaxy Nexusは外部電源が必要で、変換アダプタに外部電源を接続すると、GalaxyNexusにも電源が供給され、充電状態になります。
ただし、外部電源に5V1A出力のACアダプタを使用した場合でも、端末は充電状態になるものの充電スピードは非常に遅く、端末のCPUパワーをフルに使うようなアプリを使用していたり、USBのバスパワーで給電したりしていると逆に電池が減っていくので、長時間運用する場合は注意が必要です。

ちなみに、この電源供給用のmicroUSBコネクタは給電専用で、残念ながらUSBホスト機能やUSBデバッグには使えませんでした。

BSMPC09BK パッケージ BSMPC09BK パッケージ(裏)

 

GalaxyNexusのHDMI出力方法

XOOMと同じく、ケーブルを接続すると自動でHDMI出力がオンになります。

HDMIの出力サイズも、XOOMと同じく、720pだけのようです。
他の解像度への変更はできないようです。(僕が方法を知らないだけかも)

※注意2 – 認識性能

先に書いた通り、ケーブルを接続すると自動で認識されHDMI出力がオンになるのですが、ケーブルの接続がなかなか認識されない事が頻発します。
HDMIケーブルとの相性なのか何なのか・・・何度も繋ぎ直したり、コネクタ部分を捏ね繰り回したりしていると、なんとか認識すると言った感じです。
一度認識されると、少し動かした程度ではHDMIがオフにはならないので、コネクタとケーブルの接触が悪いと言う訳でも無い感じ・・・よくわかりません。

 

GalaxyNexusのHDMI出力範囲

Galaxy Nexusの画面サイズは 1280 x 720で、HDMI出力は720pなので、端末の画面がそのまま出力されます。

Galaxy Nexus - HDMI出力中のホーム画面
HDMIがオンになると、Galaxy Nexusのホーム画面が横画面に早替わり・・・

 

TV(モニター)での映り方

XOOMの場合とまったく同じで、PCモニターでは正しく表示されるが、TVだと端が切れる状態。
たぶんこれはTVが悪いのだと思います。

GalaxyNexusホーム画面
TVに接続すると、XOOMと同じように、画面の四隅が切れて表示されてしまいます。

GalaxyNexus PCモニターへHDMI出力
そして、PCのモニターに接続すると、四隅まできちんと表示される。

 

HDMI出力中の画面の向き

画面の向きも、XOOMと同じく横画面で固定される。
画面の自動回転にチェックを入れて、端末を色んな方向へ向けてみても、反応は無し。

縦画面固定のアプリで、どう表示されるか試してみると・・・

縦画面固定のアプリ(自作)
Galaxy Nexusには、こんな感じで表示されているのが・・・

GalaxyNexus PCモニターへHDMI出力(縦画面)
PCモニターへは、横に表示されるだけ。
これまたXOOMと同じ状態ですが、GalaxyNexusは端末の画面がそのまま出力されるので、表示が切れてしまうことは無く、単に横向きに表示されているだけ。 これであれば、モニターを縦に設置すれば結果的に大きく表示されるので、使い方に依っては便利なのかも。

変換アダプタiBUFFALO BSMPC09BKのAmazonのレビューを見てみると、使用する端末によってはきちんと表示が縦になるようなことが書かれているので、画面の向きの切り替わりは端末の仕様なのかなと思います。

 

※この記事でHDMI表示に使っているTVは SONY BRAVIA KDL-26J3000です。
※PC用モニターは、iiyama ProLite E2210HDSを使用しました。

 

関連記事

no image

AVDの起動が遅い その2

 AVDの起動が遅い件で、PCのスペックが足りないからなのかと思って、試しにCeleron

記事を読む

no image

ブログ移転しました

諸事情により、このブログ移転しました。 表示されているページが新しいブログです。 今はまだ作業中

記事を読む

no image

IS01買いました

AUから満を持して発売されたアンドロイド携帯、SHARP IS01買いました。 DoCoMoの

記事を読む

no image

HDMI出力をキャプチャーしてみた

AndroidのHDMI出力を、動画としてキャプチャーしてみました。 比較用に、HDMI出力をそのま

記事を読む

no image

XOOMのHDMI出力を試してみた

前回の「IS05のHDMI出力を試してみた」に続き、XOOMのHDMI出力を試してみました。

記事を読む

no image

AVDの起動が遅い その3

以前購入した、アンドロイドの開発本「Google Android アプリ開発ガイド」によると、

記事を読む

no image

IS05のHDMI出力を試してみた

最近のAndroid端末は、映像・音声のデジタル接続規格であるHDMIに対応した機種が多いようです

記事を読む

no image

[XOOM]音楽プレイヤーの文字化け問題

  僕の持ってる、米版XOOMの音楽プレイヤーは、日本語のID3情報(タイトルやアーティ

記事を読む

no image

SmartQ5 でカメラが使えるようになるらしい

YouTube に SmartQ5 に USBカメラを繋いで撮影を行っている動画がアップされ

記事を読む

no image

雑誌「DIME」に掲載されました!

S2 Calendar Widget を、10月5日発売の 雑誌 DIME (2010/10/19日

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑