Androidとオーブントースターを繋いでみた

公開日: 電子工作 | , , ,

Android端末とオーブントースターを、Arduino+USBホストシールドで作ったADKっぽい奴を使って繋いでみました。
しょうもないネタですが、どうぞ・・・

 

動作のしくみ

動作のしくみは簡単で、オーブントースターの電気コードに流れる電流を、電流センサーを使って調べて、電源のON/OFFを判断しています。
アプリ内では、その情報を元に音声を流したり画像を変更したり・・・と言った感じです。

 

電流センサー

電流センサーには、Seeed Studio の Non-invasive AC current sensor (30A max) を利用しています。

このセンサーは、開閉できるクランプタイプとなっているので、電化製品の電源コードを挟むだけで、簡単にケーブルに流れる電流を測定することができます。

Seeed Studioのセンサーは、$9.50 送料を入れるて日本円で1100円程でした。
ただし、中国から発送なので、到着までに10日以上かかりました。

日本のメーカーの物では、共立電子で販売されている 分割・クランプ型交流電流センサ が、電子工作で良く利用されているようです。 送料別で1575円とSeeed Studioのセンサーと比べると少しだけ高い。

 

Non-invasive AC current sensor (30A max) THM104C4B Non-invasive AC current sensor (30A max) THM104C4B

クランプは、電源ケーブルの2本線の内、どちらか1本だけを挟む必要があります。

オーブントースターのケーブルを細工をするのは嫌だったので、100均で買ってきた短い電源延長ケーブルを割いて使っています。 こうすることで、 他の電化製品にも使い回しがしやすくなります。

100均 延長ケーブル

 

Arduinoでの電流センサーの使い方は、Open Energy Monitorプロジェクトを参考にしました。
Mains AC: non-invasive 1.0 とか Mains AC: non-invasive 3.0 とか

と、言っても英語のサイトなので、僕は殆ど理解できていませんけどね!

 

回路

回路は、こんな感じ・・・

Android オーブントースター 回路図

 これを、ブレッドボードへ乗っけました。

Android - オーブントースター

 

使った部品一覧

数量 記号 備考
オーブントースター 1   動画で使ったのはこれ
Arduino Duemilanove 1   UNOでも可
Sparkfun USBホストシールド 1   スイッチサイエンスで購入
THM104C4B 1 U1 電流センサー
抵抗 100KΩ 2 R1,R2  
抵抗 100Ω 1 R3  
電解コンデンサ 10uF 1 C1  

 

 

プログラム的なこと

Arduinoのスケッチ(プログラム)はOpenEnergyMonitorプロジェクトのMains AC: non-invasiveで公開されている物を利用させて頂きました。

Android Open Accessoryに対応するために、ほんの数行書き足しましたが、ほぼそのまま。
電源をON/OFFすると、変数の値が変化するのを確認して、その変数の値をAndroidアプリへ送るように変更しただけです。 なにやら、Calibrationが必要みたいな事が書かれていますが、よく分からないのでそのまま使ってますorz

ちなみに、電流値取得のアルゴリズムは、僕には難しすぎてよく分かりませんo…rz

Android側のプログラムは、Arduinoから送られてくる電流センサーの値に閾値を設けてON/OFFを判断しています。
ある程度消費電力が大きめの電化製品の電源ON/OFFの判断だけなら、多少センサーの値が揺れていても問題無しと言う訳です。

  

最後に

簡単なしくみなので、トースター以外の電化製品への応用を考えるのも、面白いです。

炊飯器でご飯が炊きあがったのを教えてくれるAndroidとか、電気ポットでお湯が沸いたのを教えてくれるAndroidとか、洗濯が終わったのを教えてくれるAndroidとか・・・

 

関連記事

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する(MicroBridge接続)

以前書いた、Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御するでは、AndroidとArduino

記事を読む

no image

米粒AVRでシリアル通信(ただし送信だけ)

米粒AVR(ATtiny10)にUART機能は搭載されていないので、シリアル通信を行う為には自前

記事を読む

米粒AVT(tiny10) リモコンレシーバー

米粒AVRでリモコン受信処理

  米粒AVR(Tiny10)で赤外線リモコンを受信して処理をするサンプルを作ってみまし

記事を読む

no image

米粒AVRの動作周波数

  米粒AVR(ATtiny10)のデフォルトでは内臓発振器利用の1MHzが指定されてい

記事を読む

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する

またSoftModemネタです。 調子に乗って arms22さんの記事 iPhoneで一眼レフカメ

記事を読む

SDカード・マイクロSDカード

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduinoでも比較的簡単にSDカードを

記事を読む

Raspberry Pi ロゴマーク

Raspberry Piのリビジョン

リビジョンの種類 現在、Rapsberry Piにはリビジョン1とリビジョン2と呼ばれる2つの

記事を読む

SDFormatter

Raspbianの起動SDカードを再利用

一度、Raspbianのイメージを書き込んだSDカードは、フォーマットが違う為にWindowsでは利

記事を読む

no image

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)を作ってみた

最近、このブログ何も書いて無かったので、作成中の物の紹介・・・  これは、Andro

記事を読む

Hello Tiny10

米粒AVRでI2C通信を使ってLCD表示

前の記事で紹介したI2Cライブラリを使った、LCDの表示のライブラリ的なもの  

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑