Android + Arduino でリモコン2 (softmodem接続)

以前、LAN接続のリモコン Android + Arduino でリモコン と言うものを作ったのですが、今回はSoftModem接続で作ってみました。

 

 

以前、 Android + Arduino でリモコン と言うのを作りかけで放置して、気付けば1年以上過ぎてしまいました。
今回作ったのは、前はLAN接続だったものをSoftModem接続で通信できるようにしたものとなっています。

入れ物は、みなさんご存知フリスクのケースです。

 

ハード

Arduino Duemilanove のブートローダーを書き込んだ、ATMega328pを使っています。
動作クロックは16MHz。
電池はCR2032で3Vなのですが、クロック16MHzで動かす為に、5Vへ昇圧しています。
SoftModemの回路は、arms22さんが公開されている回路を参考にさせて頂いきました。

アップ

フリスクケースに収める為、チップ抵抗・チップコンデンサ・等々、チップ部品を使用しています。
AVRも基板に直付けです。 なので、プログラムの書き込みにはAVRをICクリップで挟んで行っています。

ICクリップを使って書き込み中

 

ソフト

SoftModemの処理には、これまたarms22さんが公開されているライブラリを利用させて頂いています。
リモコンの送受信の部分は、以前作った物を流用。
変更点は、SoftModemで通信速度が遅いのでできるだけ送受信するデータ量を少なくした点と、リモコン送信の際の38kHz変調に利用していたtimer1をtimer2に変更した程度(SoftModemライブラリでもtimer1が使われていて競合するので)

開発はブレッドボードを使って行ってます

ブレッドボード

 

アプリ(Android)

これも前回の物をほぼそのまま流用です。
SoftModemの処理には、Softmodem Terminalを作った時のライブラリを使っています。

 

問題点

電池に相当無理がかかっているようで、電源ONから1分も経たないうちに使えなくなります。
電源切って、しばらく休ませると、また使えるようになったりします・・・
テスターで電流を計ったところ、アイドル時で30数mA程、リモコン送信時には80mA程、流れているようです。

電池の消費とか考慮して、本当は電池を直結にして8MHz動作で作ろうと思っていたのですが、8MHz動作にするとどうもSoftModemの受信精度が悪くなってしまって、今回は仕方なく5VDCDCコンバーターを挟んで16MHz動作で作りました。

原因は僕の作ったAndroid側のSoftModemライブラリにあるので、また時間が有るときに改良したいと思いますorz

 

最後に

イヤホンジャックに接続するリモコンデバイスは結構多くの方が作ってるみたいで、特に目新しい物じゃないのですが、今回訳有ってネタとして作ってみました。
海外ではこう言うのも市販されていたりするそうなので、欲しい人は作るより買った方が早いかも。
ちらっと見た感じでは、電源をイヤホンジャックから取ったり、AVRとか使わず直接LEDをコントロールしたりしてるっぽいです。 凄いです。 ただし、Androidに対応してるかどうかは分かりませんが・・・

あと、国内では、SHARPの端末 IS05や005SHが赤外線リモコンに対応していて、先日コントロールする為の赤外線リモコンAPIが公開されました。(対応機種
これに対応したアプリ作りたいなぁ・・・誰か端末くれないかなぁ( ´_ゝ`)

 

関連記事

no image

気になる物

HT-03Aで使えるのかどうかは知らないけど、Bluetooth-シリアルモジュール(BT-MOD1

記事を読む

no image

赤外線リモコン受信機(イヤホンジャック接続)を作ってみた

最近、このブログ何も書いて無かったので、作成中の物の紹介・・・  これは、Andro

記事を読む

SDカード・マイクロSDカード

ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduinoでも比較的簡単にSDカードを

記事を読む

no image

オシロスコープを手に入れた

ついにオシロスコープを買っちゃいました。 と言っても、DSO QUADと言うポータブルタイプの

記事を読む

no image

Android Open Accessory開発時のWiFiデバッグ

Android Open Accessory開発時のデバッグは、ADBをWiFiで接続しろと、USB

記事を読む

no image

Android + Bluetoothドングル + PIC24F

@hrdakinori さんと言う方が、PIC24FとBluetoothドングルを使って、Andro

記事を読む

no image

米粒AVRで小型8連ナイトライダーを作ってみた

米粒AVR(ATtiny10)を2つ使って、8つのLEDを順番に点灯しています。 &nbs

記事を読む

raspi-config

Raspbianの最初の設定

  Raspbianのインストール後にraspi-configを使って行う最初の設定

記事を読む

米粒AVRでI2C通信

米粒AVRでI2C通信(マスター)

米粒AVRことATtiny10は3つまたは4つのI/Oピンしか使えないのですが、I2Cなら2つの

記事を読む

sdcards

Raspberry Pi SDカードのクラスと起動速度

SDカードにOSをインストールするので、起動にはそれなりに時間がかかります。 では、どれくらい

記事を読む

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑