Wimeji Client for Arduino

公開日: 電子工作 | , , , ,

前回紹介したWimeji Client for WindowsXPをArduinoでやってみました。
これを使えば、PCの無い環境でも、Android端末にキーボードで入力が出来ます。
しかし、WiFiルータが必須なので、かなり特殊な環境に限られますw

Wimeji Client for Arduino

ハードの構成は、Arduino + EtherShield + PS2 Keyboard の組み合わせで出来ています。
ソフトの方は イーサネットのライブラリとPS2キーボードのライブラリを使った簡単なものです。

配線(回路図)

掲載していた回路図のCLKDATAの配線が逆になっておりました。申し訳ございません。以下の物は修正済みです。(2010/1/22)

 

回路図(修正版)

Arduino に イーサネッ・トシールドを差して、その上にPS2キーボードのコネクタを接続します。

ps2keyboardキーアサイン(mini-din6)

配線は簡単なのですが、キーボードのコネクタのピンアサインが左右対称で、5Vの+-を間違えやすいので注意が必要です。

完成写真Arduino + EtherShield

PS2のコネクターは、古いマザーボードから無理矢理剥がし取った物で、ボロボロになってしまいましたw

Arduinoソース

Bimeji Client for Arduinoのプログラムをご利用下さい。

ソースの冒頭、byte mac[] , ip[] , server[] には、各自の環境に合わせて変更してください。
mac と ip には、イーサネットシールドのmacアドレスとipアドレスを、
server には、Android端末のipアドレスを入力しておきます。

Arduino IDEには、予めこちらのPS2ライブラリを有効にしておく必要があります。

使い方

  1. デバイスの作成
    まず、Arduino側、配線とプログラムの書き込みをして、デバイスを完成させます。
     
  2. Wimejiのインストール
    Android端末に、Wimejiに対応したSimejiをインストールしておきます。
    WiFi接続できるSimejiは 公式ページ でapkパッケージで公開されています。
     
  3. SimejiのWiFiサーバーの有効化
    TweetNP-Mushroom
    マッシュルーム選択画面でSimeji WiFi Serverを選んでサーバーを有効化します。
    詳細な手順は公式ページで確認して下さい。
     
  4. Arduinoの起動
    Arduinoの起動(もしくはリセット)すると、自動でAndroidに接続されます。
    正しく接続されれば、あとはPCのキーボードを叩くとSimejiで入力できます。
    wimeji 入力中
     

最後に

先日、bimeji(BT接続できるSimeji)が更新されて、BroadcastのIntentを受け付けてくれるようになったようです。 対応のクライアントアプリは、esmasuiさんのブログで公開されていて、中でも興味深いのが Bimeji SPP版です。
これはBluetoothのシリアルポートプロファイルに対応したもので、前回紹介したBluetoothモジュールを使ってコードを送り込めれば、簡単に自作Bluetoothキーボードが出来そうな感じがします。
いつか挑戦してみたいと思っていますので、完成すればまたご報告します。

 

関連記事

soundIR 送信機

赤外線リモコン送信機(イヤホンジャック接続)の回路

前回は受信機で、今回は送信機を作ってみました。 受信機と違って、送信機の作成は少し面倒です。

記事を読む

no image

Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御する(MicroBridge接続)

以前書いた、Androidで一眼レフカメラのシャッターを制御するでは、AndroidとArduino

記事を読む

no image

S2 Resistor Color Code 公開しました。

このアプリは、抵抗のカラーコードから抵抗値を素早く見る為のAndroidアプリです。 4本帯と、5

記事を読む

米粒AVR リモコン

米粒AVRでリモコン送信機

米粒AVR(tiny10)を使った赤外線リモコン送信機を作ってみました。 これで送信できるのは

記事を読む

no image

Android + Bluetoothドングル + PIC24F

@hrdakinori さんと言う方が、PIC24FとBluetoothドングルを使って、Andro

記事を読む

Arduinoで温湿度計

Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前「パソコンで温度計」と言うもの

記事を読む

raspi-colortest

Raspbianの起動

Raspbianの起動画面をキャプチャしてみた。 SDカードにイメージを書き込んだままのデフォ

記事を読む

Raspberry Pi ロゴマーク

Raspberry Piのリビジョン

リビジョンの種類 現在、Rapsberry Piにはリビジョン1とリビジョン2と呼ばれる2つの

記事を読む

no image

PIC24FJ64GB002でADKを試す(その2)

 前回「PIC24FJ64GB002でADKを試す(その1)」では回路の説明までしたので、

記事を読む

raspi-config

Raspbianの最初の設定

  Raspbianのインストール後にraspi-configを使って行う最初の設定

記事を読む

Comment (2件)

  1. adamrocker

    すげーー!!
    ハード作れる人は本当に尊敬です。
    ぜひBluetooth番もチャレンジして下さい><
    楽しみにしてます♪

    1. Futaba

      ありがとうございます!
      ハード作れると言っても、見よう見まねで専門知識に乏しいのですが・・・^^
      Bluetooth版頑張ります!

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑