HT-03Aのスクリーンキャプチャを撮る

公開日: 未分類 | ,

Andoroidでキャプチャを撮るのは結構面倒です。

だけど、Windowsで[PrintScreen]を押してキャプチャを撮るようにお手軽ではありませんが、さほど難しいことでは有りませんでした。

基本的なキャプチャ方法は、母艦となるPCとケーブル接続し、Android SDK に付属の Dalvik Debug Monitor と言うツールを使ってキャプチャ画像を撮るのですが、HT-03Aを普通に接続しても、USBのドライブとしてしか認識されないので、デバイスドライバをインストールしなくてはいけなくて、そのあたりが面倒なポイントです。

詳細は HT-03aで他のブログみたいに画面キャプチャーを撮る方法 が詳しいです。

紹介されている手順を Windows XP で追ってみました。

  1. Android Developer から Android SDK をダウンロードし、解凍しておく。
  2. HT-03AのデバッグモードをONにする
    設定画面から
    デバッグモード設定1デバッグモード設定2デバッグモード設定3
  3. HT-03Aをケーブルで接続する。
  4. Windowsのデバイスマネージャーを開く
    デバイスマネージャ
  5. ユニバーサル シリアル バス コントローラ から、USB大容量記憶装置を選択
    (複数有る場合は、プロパティを開いて[場所]に Android Phone と表示されている物)
    メニューから削除を行う
    デバイスマネージャ
  6. HT-03Aを、一度取り外して、再度ケーブル接続すると、「新しいハードウェアの追加ウィザード」が表示される。
  7. 新しいハードウェアの追加ウィザードでは
    Windows Updateへの接続は「いいえ、今回は接続しません」
    新しいハードウェアの検索ウィザード1
    インストール方法は「一覧または特定の場所からインストールする」
    新しいハードウェアの検索ウィザード2
    「次の場所で最適のドライバを検索する」の「次の場所を含める」にチェックを入れ、参照でAndroid SDKの /usb_driver/x86/ を選ぶ。
    (インテル系のCPUでは /usb_driver/x86/ AMD系のCPUでは /usb_driver/amd64/ )
    新しいハードウェアの検索ウィザード3
    これでデバイスドライバのインストール完了。
    新しいハードウェアの検索ウィザード4
  8. 次にAndroid SKD の tools フォルダにある「ddms.bat」をダブルクリックで Dalvik Debug Monitor を起動します。
    ※起動出来ない場合は、Javaがインストールされているか確認して下さい。Javaが入っていないと起動しないので http://www.java.com/ja/ から、ダウンロードしてインストールして下さい。
  9. Dalvik Debug Monitor が起動すれば、Nameにあるデバイスを選択し、DeviceメニューからScreen Captureを選ぶ
    Dalvik Debug Monitor

    出来ました!これでキャプチャー撮り放題!
    Dalvik Debug Monitor2
     

こんな、スライド途中のキャプチャーもできるようですよ。面白い。動画キャプチャー出来ればもっと面白いんだろうけどね~
キャプチャーサンプル
 

 

関連記事

no image

XOOMにAndroid 3.2 がやって来た

数日前から、僕のXOOMにはOTAによるシステムアップデートの通知が来ていたのですが、アプリを作って

記事を読む

no image

アンドロイド開発本

WEBで得られる情報だけでは、なかなか取っつきにくいので、アンドロイドの開発本を購入したので、その感

記事を読む

miix2 microUSB端子

Miix28とOTGケーブルと充電と

Miix28にはmicroUSBのコネクタが1つだけ有ります。 このコネクタは充電用と外部機器

記事を読む

no image

HT-03Aの予備バッテリー

予備のバッテリーを、万一の時の為にフル充電状態で保存している人は、注意が必要と言うお話。 毎回

記事を読む

no image

Android SDK 2.0

一昨日、海の向こうでは、Android 2.0 を積んだ Motorola社製の端末 Droidが販

記事を読む

no image

DoCoMo/Softbank揃って新機種発表

ドコモに関しては、期待されていたAndroid端末の追加は無く、発表会後の質疑応答にて「ソニーエリク

記事を読む

no image

AVDの起動が遅い その2

 AVDの起動が遅い件で、PCのスペックが足りないからなのかと思って、試しにCeleron

記事を読む

no image

ドコモから2番目のアンドロイド端末

-<訂正>- ドコモじゃ無くてNTT東日本ですね。失礼しました。 ----- 先日行われた、新

記事を読む

no image

AVDの起動が遅い その3

以前購入した、アンドロイドの開発本「Google Android アプリ開発ガイド」によると、

記事を読む

no image

雑誌「DIME」に掲載されました!

S2 Calendar Widget を、10月5日発売の 雑誌 DIME (2010/10/19日

記事を読む

Comment (1件)

  1. ピンバック: □キャプチャが撮りたいの « Crasamet*

Arduinoで温湿度データロガー
Arduinoで温湿度計 #2

今回は、前回作った温湿度計にRTCモジュールとSDカードアダプタを

Arduinoで温湿度計
Arduinoで温湿度計

秋月電子の温湿度モジュールを使って、温湿度計を作ってみました。 以前

SDカード・マイクロSDカード
ArduinoでSDカード

電子工作で大量のデータを保存する方法を調べていると、 Arduin

秋月電子 リアルタイムクロック(RTC)モジュール
秋月のリアルタイムクロック(RTC)モジュール

今回は秋月電子のI2C接続のリアルタイムクロック(RTC)モジュールを

秋月電子 キャラクタLCD
秋月の小型キャラクタLCD

今回秋月電子で売られている小型のキャラクター液晶2種を買ったので、

PAGE TOP ↑